【ヨガで体幹トレーニング】ヨガの知られざる効果とオススメヨガマットも紹介!

どうも、メタトロです!

「ヨガ」と聞いてみなさんはどんなことを思い浮かべますか?

「体が柔らかくないとできない」、「ストレッチをするもの」、「難解なポーズの数々」

このような意見を思い浮かべた方も多いと思います。ヨガは、かつて瞑想を行って体と心を一致させ手自分を見直すための修行法として生まれました。

長い年月をかけてヨガが受け継がれ、その効用が世間から注目を浴び、多くの実験や研究が行われ、今や心と体に効くエクササイズが作り上げられました。

健康的な体系を維持するためには、体全身のバランスを上げ、筋力アップや障害予防に重心的に意識しなければいけません。しかし、仕事、日常生活やその他の事情に追われて時間が足りないのが現実です。

そういうときこそ、ヨガを取り入れることが大切になってきます。ヨガはダイエットをしようとしている女性のものだと思われがちです。ヨガは、それだけでなく人の体と心に多くの効用を持ち合わせたとても実用的なトレーニングでもあるのです。

ゆったりとレラックスさせた呼吸と共に特徴的な研究に研究を重ねられて導き出されたポーズをキープさせるヨガの動きは、全身の筋肉を使ったバランスの取れたトレーニングです。普段の日常生活では滅多に使われずに弱くなってしまったインナーマッスルにも刺激が伝わって鍛え上げることもできます。

今回は、こういった素晴らしい実績を持つ「ヨガ」の本来の目的について、その効果について、呼吸法とポーズについて、そしてヨガを行うときに必要なオススメヨガマットを紹介していきます!

 

ヨガの本来の目的

まず、ヨガの効果について紹介する前に本質的な目的を理解する必要があります。

ヨガの本来の目的は、瞑想をするときのある体制をある一定の時間の間に快適に維持し続けることで生まれる柔軟性と安定し、落ち着いた心を身につけるということに視点を置いてあります。

あるポーズを取り続けることで、柔軟性がアップしたり、姿勢が矯正されてよくなったりするなどの効果もありますが、それに加えて集中力やブレない強い心を磨き上げることができます。

 

ヨガの効果

もう上でいくつかの効果が出てるとは思いますが、他にもヨガを行うことで得られる効果がたくさんあります。

ここではその効果について紹介していきます。

 

血流の改善

ヨガのトレーニングでは、体全体の筋肉を使って伸張させる動きをします。そのため体全体に血液の流れが良くなって体温が上昇します。

そうなってくると、体にたまった老廃物などが循環されてむくみや冷え性などの悩みの解決にもつながります。

また、リンパの液の流れも良くなるので免疫力が向上し、新陳代謝が活発になります。その結果、病気に強い体になると同時に代謝が上がるため、太りにくい体系を手に入れることも期待できます!

 

インナーマッスルの強化

ヨガの中で、腹圧をかけたポーズと腹式呼吸を同時に行ってインナーマッスルが強化されます。そうなると、姿勢が整い、内臓マッサージ効果で機能が活性化し、様々な不調が改善へ向かいます。

また、インナーマッスルが付くことによって、その部位を動かすエネルギー源となるのが脂肪になります。そのため、脂肪燃焼効果が見込めます!

これが頻繁にヨガは、ダイエットにも効果的だといわれている理由です。

 

ストレスの軽減

運動やトレーニングなどの活発時に活発になる交感神経というのと、寝ているときや動いてないときなどの体がリラックスしている場合に、活発になる副交感神経というのをまとめた自律神経というものがあります。

ヨガの中で深呼吸を繰り返しながら、特定のポーズをキープします。そうすることによって、自律神経の切り替えしがスムーズにできるようになるのです。

その結果、心身ともにメリハリがつけるようになり、気持ちの緩急調整ができるようなることがストレスの軽減につながるのです!

 

セルフマネジメント能力向上

ポーズを取り、深呼吸している時間は、自分の体と心を理解して見つめ合う時間です。そこから、自分を俯瞰的に客観視することが可能になるため、自分の感情のコントロールできるようになります。

例えば、イライラしてしまうこと、不安になってしまう事、悲しくなってしまう事などを感情のコントロールができるようになれば、感情に流されずに常に冷静な判断ができるようになるのです。

そうなることによって、心の乱れを制御でき、いつでも常に冷静に力を発揮させるための策を考える習慣ができるため、セルフマネジメント能力の向上が期待できます。

 

正しい呼吸法とポーズ

呼吸をするときは、常に鼻呼吸で行います。鼻から深く息を吸い込んで、胸、腹、鎖骨回りと広く体にいきわたらせて、鼻からゆっくりと吐き出します。

※詳しい呼吸法の情報はこちらの記事をチェック:正しい呼吸法

ヨガのポーズは、主なもので100以上あるといわれています。その中でも分けられており、気分を落ち着かせる効果がある前屈、心拍機能向上の効果がある後屈、自律神経の動きを整える効果があるねじり、胸周りの筋肉がほぐれて呼吸がしやすくなる効果がある側伸、血液やリンパの流れが良くなる効果がある逆転、注意や集中力を高める効果のあるバランスといった6系統あります。

そしてそこに、脳神経への刺激効果がある立位、意識が集中しやすくなる効果がある座位、骨格のゆがみ調整がやりやすい仰向け、腹圧が高まる効果があるうつ伏せの4つの姿勢を組み合わせて一つのポーズを行います。

このように一つ一つのポーズには効果があって、それを組み合わせることによって両方の効果を交えてヨガをおkなうことができるのです!

 

オススメヨガマット

ヨガとその効果の数々を知ったところで、実際にヨガをするにあたって必要不可欠なオススメするヨガマットを紹介していきます。

ヨガマットの選び方は、厚さ、大きさ、と価格です。

厚み

細ければ細いほど持ち運びや収納が楽に行えます。逆に厚いヨガマットは、腰への負担を減らすため安全性に長けています。しかし、初心者の方は、安全第一だと思うので厚め(7㎜~)のヨガマットをお勧めします。

大きさ

ほぼヨガマットは大きさにはさほど違いはないのですが、自分の身長以上なものと幅が60㎝くらいのものをお勧めします!

価格

一般的なヨガマットの相場は、1000円~3000円程度です。その間の1500円くらいのヨガマットをお勧めします。探せば確かに800円くらいの安いヨガマットが出てくる子も知れませんが、ヨガマットはこすれたり、傷んだりするんので、安いものを購入してすぐにダメになってしまうようなものではなく、妥当な値段なものを購入して長続きさせた方が長い目で見てお得です!

 

この3つをベースとして選択したヨガマットを紹介していきます。もし自分に気に言ったものがあれば購入を検討してみてはいかがですか?

ヨガマット1

Reodoeer ヨガマット トレーニングマット エクササイズマット ゴムバンド 収納ケース付 厚さ10mm (ブルー)

アマゾンから購入できるヨガマットです。「Readaeer」という人気なブランドのヨガマットです。

厚さは10㎜と腰を痛める可能性がものすごく低い安全性の特化したマットです。しかも、付属品でヨガマットを縛るための込むバンドと収納ケースまでついています!

長さが181㎝と幅が61㎝とちょうどいい大きさです。

普段は、5000円と高めの値段ですが、値下げされて1790円と安価で購入することができます!

色もブルー、イエロー、オレンジ、グリーン、パープル、ピンク、ブラック、ワインと色のバリエーションも多いです!

ヨガマットの購入先

 

ヨガマット2

このヨガマットは、楽天で購入することができます。

厚さが4㎜と薄めのヨガマットになります。そのため折りたたんだりすることができるので、持ち運びが楽になったり、自宅のスペースの確保がしやすくなります。

大きさは、長さが171㎝と幅が61㎝です。長さが若干短い気はしますが、これに加えて厚さが4㎜となると丸めた時もコンパクトになり、重さが800gととても軽量です。さらに、今ならヨガマット専用のバックが付属でついてくるようです!

価格は、一般的な値段の1580円で購入できます。色は、ピンク、パープル、ブルー、ブラック、グリーン、オレンジ大きいバリエーションです!

【超限定クーポン】ヨガマット 4mm 折りたたみ たためる 折り ストレッチ バランス ホットヨガマット トレーニングマット エクササイズマット ダイエット 器具 脚 やせ ダイエット器具 太もも ピラティス マット 折り畳み 送料無料

 

ヨガマット3

このヨガマットは、アマゾンから購入することができます。

厚さは、先ほど紹介したマットと同じで4mmと薄めのヨガマットです。なので、先ほど同様持ち運び楽になったり、スペースの確保がしやすくなります。

このヨガマットの長さが、172㎝と幅が60㎝です。

色のバリエーションは、ブラック、ブルー、ピンク、パープルです。

普通の価格は、1620円なのですが、ブラックだけ990円と格安で購入することができます!

ヨガマット購入先

 

まとめ

今回は、ヨガについて、その効果とオススメヨガマットなどを紹介してきました!ヨガは、体と心を一体にして冷静で穏やかな気持ちにさせたり、体幹トレーニングの効果もあります。

ヨガは、自宅でもいつのタイミングでもできるため、時間に追われている人でもヨガを習慣の中に混ぜ込んで日々こなしていけば姿勢の改善や心肺機能の改善などだけでなく、体幹やバランス力の向上にもつながります。

ぜひ実践してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です