脂肪燃焼を促進させるケトジェニックダイエット法を紹介!




どうも、メタトロです!

体をシェイプアップさせるために、様々なダイエット方法がありますが、その中でも効果が絶大なのがケトジェニックダイエット法です。

実際に20個以上の研究でケトジェニックダイエット法は、脂肪燃焼を促進させて、健康的な体を手に入れることができることが証明されています。

他にもアルツハイマー、がん、糖尿病などの病気のリスクも軽減させる効果があるといわれています。

今回は、そんなケトジェニックダイエット法や具体的なやり方などについて紹介していきます。




ケトジェニックダイエットとは

ケトジェニックダイエットとは、炭水化物を制限して、多くの脂質を摂取するダイエット方法です。

炭水化物の代わりに脂質の多い食事をする事で、ケトーシスという状態にします。ケトーシス状態になるとで体内のケトン体が異常に増量するため、脂肪燃焼効率を上げることができます。

一見、脂質ばかりを摂取するので、脂肪に蓄積されると思いますが、ケトーシス状態になることで脂肪が肝臓の中でケトン体に変換されるので、脂肪が燃焼されやすくなるだけでなく、脳の活性化にもつながるのです。

ケトジェニックダイエットは炭水化物を我慢して、脂質を代わりに摂取する簡単なダイエット法なので、多くの方がチャレンジしている今話題の方法です。

 

ケトジェニックダイエットの効果

ケトジェニックダイエットについて紹介したところで、得ることができる効果について紹介していきます。

 

脂質制限の約3倍の脂肪燃焼効果

ケトジェニックダイエットは、脂質制限ダイエットよりもかなり効果的な方法です。

ある研究でケトジェニックダイエットは、脂質制限ダイエットより約3倍も脂肪を燃焼させる効果があると証明されており、中性脂肪の原因となるコレステロール値も同時に減っていることが分かりました。

そして、ケトジェニックダイエットの場合、脂質制限ダイエットに必要などんな食事をしているのかという記録を細かく取る必要がないため、誰でも気軽にチャレンジすることがしやすくなっている方法です。

 

血糖値とインスリンの分泌を減少させる

最近多くの方が、糖尿病に悩まされています。そんな糖尿病を引き起こしている原因となっているのは、糖質の取りすぎによる高血糖値とインスリン機能障害です。

ケトジェニックダイエットをすると糖質を制限することができるので、血糖値の急激な変動を抑えることができます。

そうすると、血糖値を下げる役割のあるインスリンが分泌されなくなるので、糖尿病になる確率を下げる効果があるのです。

他にも糖質取りすぎてしまうと冒頭でも紹介した、ガンや脳への負担を軽減させてアルツハイマーなどの脳への症状を予防、又は回復にも繋がってきます。

 

ケトジェニックダイエットの効果的なやり方

ケトジェニックダイエットとその効果について理解して頂いたところで、効果的なやり方について紹介していきます!

 

ケトジェニックダイエットでの適切な食べ物

先ほど、糖質を制限して、その代わりに脂質のある食べ物を食べる食事法という風に紹介しましたが、脂質なら何でもいいというわけではありません。

なので、ここではケトジェニックダイエットに適した効果的な食べ物とそうでない食べ物を紹介していきます。

食べても良い食べ物
  • 肉:ハム、ベーコン、チキン、ステーキ、ソーセージ、鶏肉、豚肉、牛肉
  • 魚介類:サーモン、ツナ、ます、鱈、カニ、あさり、ほたて、ロブスター
  • ナッツ:アーモンド、くるみ、亜麻、チア
  • アルコール:ハイボール、ウイスキー(少量)
  • 低糖質な野菜:トマト、玉ねぎ、レタス、キャベツ




食べてはいけない食べ物
  • 糖質が大量に含まれている物:ジュース、ソーダ、お菓子、飴、アイスクリーム
  • 炭水化物:白米、パン、パスタ、ラーメン
  • フルート:全般的にNG
  • 根菜:ジャガイモ、ニンジン、しょうが
  • 脂質を含んだ不健康な食べ物:ハンバーガー、ポテト、マヨネーズ、食物油
  • アルコール:ビール、ワイン

 

糖質を1食20gに抑える

糖質をできるだけ制限するダイエット法ですが、一切食べないと逆に不健康になってしまうので一日に60gくらいを取ることが重要になっています。

なので、3食のうち1食を20gに抑えることで適切な糖質量を摂取しながら、制限することが出来ます。

 

たんぱく質を抑える

ケトジェニックダイエット中は、たんぱく質をできるだけ抑えるようにしてください。

たんぱく質を摂取するとケトン体が増量するため、効果的だとよく勘違いされていますが、もうすでにケトジェニックダイエットを行っている場合は話が違ってきます。

ケトジェニックダイエットを行っているとケトン体がたくさん体内の中にあるので、それ以上増えてしまうとグルコースという成分に変換されて、血糖値を急激に上げてしまうきっかけになってしまいます。

なので、一日に摂取するたんぱく質は30~40g(卵2個)に抑えるようにしてください。

 

2週間程度でやめる

ダイエットは長くやればいいというものではありません。ケトジェニックダイエットは、病気を防いてで健康的な体を維持しながら脂肪を燃焼させていく方法です。

ただし、長い間続けてしまうと筋肉も分解されて行ってしまいます。

筋肉にはたんぱく質が必要でケトジェニックダイエットでは、そこまでのたんぱく質を摂取することが困難になるため、筋肉量や筋力まで衰えてしまいます。

なので、2週間程度でケトジェニックダイエットをやめることで効果的に筋肉を維持しながら、脂肪を燃焼していくことができます。



ケトジェニックダイエットにオススメなサプリメント



ケトジェニックダイエットに役に立つサプリメントを紹介していきます。それは、クレアチンです!

筋トレのほとんどが無酸素運動であり、そこで使われるエネルギーとしてクレアチンがあげられます。そんなクレアチンレベルが落ちてしまうと、筋肉が落ちてしまうのです。

なので、ケトジェニックダイエットで落ちてしまいがちなクレアチンをサプリメントで摂取することで筋力の低下を最小限に抑えることが可能になってきます。

確かに、それでも筋力は落ちてしまうこともありますが、摂取していないとでは大きな差が生まれます。

ここから購入!

 

まとめ

今回は、効果的に脂肪を燃焼するケトジェニックダイエットを紹介しました!

ものすごく効果的で、カロリーをそこまで制限せずに様々な効果を得ることのできるケトジェニックダイエット法は、話題を集めています。

ただ、増量中にやってしまうと効果的に筋肉を肥大化させることが難しくなってくるので注意してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です