【摂取すべき?】本当にクレアチンを飲むことで筋肉が倍増するのか?

どうも、メタトロです!

まだ僕がクレアチンというサプリメントのことを知らないときに、ジムで筋トレをしていると、ものすごい筋肉の持ち主であるボディビルダーの方が、トレーニングをしているのを見ました。

まだ筋肉が発達できていなかった僕は、思わずトレーニングの後にその人に「どうやったらそんなに筋肉を肥大化させることができるんですか?」と質問をしたところ、彼は「すべては、クレアチンから来ている」といい去っていきました。

その後プロアスリートの方や周りの筋肉がついている人々の口から、「クレアチンを使っている」という情報を知りました。もちろん筋肉は、クレアチンのみで肥大化するものではありませんが、ちゃんとした摂取の仕方際守ればものすごく安全で効果的なことが使用していく中でわかってきました。

しかし、クレアチンとネットで調べても賛否両論の情報で「一体どれを信じればいいのかわからない」という思いからクレアチンを使うことを諦めてしまう方々が多いと思います。

そこで、今回はクレアチンについてとその効果と正しい摂取方法を詳しく紹介していきます。

 

クレアチンとは?

クレアチンは、筋肉に蓄えられ、必要に応じて筋肉エネルギーに代わるものです。アミノ酸の一種で体内でも1日ほんの少しだけ合成されている成分です。クレアチンは、合成されるだけでなく普段の牛肉や魚のような動物の食べ物からも取り入れることができます。

しかし、筋肉肥大や特定のスポーツのパフォーマンス向上されるには、この程度のクレアチンでは効果がありません。その際に活躍するのが、運動能力増加させるサプリメントのクレアチンを正しい摂取量を守った時です。

 

クレアチンの効果

クレアチンの主な効果として特徴的なのが、個人差はありますが、力を最大限に出したときの筋肉収縮能力をあげて、エネルギーを生産させて、それを回復させる効果があります。

つまり、一気にエネルギーを使ったとしても、次のエネルギーを使うときに筋肉のお疲労があまりない状態を作り上げることができます。

その結果、1分程度の間に力を最大限まで出すスポーツパフォーマンスの向上やウェイトトレーニングでの筋肥大させるのような短期間の間で過激な運動をする無酸素運動の中では、ものすごく効果的なサプリメントです。

しかし、サイクリングやマラソンのような力を一定の間、安定して出し続ける有酸素運動には、まったく効果がありません。

 

クレアチンを摂取すべき人とそうでない人

クレアチンの効果の部分で少し紹介しましたが、クレアチンは一時的に繰り返して力を最大限まで上げるようなスポーツや筋肉トレーニングの際に有効です。

そのため、筋トレの質を上げて筋肥大を求めている方や一気に力を出すことを繰り返すスポーツにパフォーマンス向上を求めている方には、ものすごくお勧めします。しかし、この条件に当てはまらない方にはあまりお勧めできません。

このような力を出さずにクレアチンを飲んでいたとしても無駄になってしまいますし、クレアチンの摂取のし過ぎにより筋肉に凝りを覚えさせたり、胃腸に障害が出てしまってお腹を崩してしまう可能性だってあります。

さらに、クレアチンは体重を増やす効果もあるので痩せようとダイエットに剥げ組んでいる方にもあまりお勧めはできません。

 

クレアチンの正しい摂取方法

クレアチンは、運動能力を増加させるサプリメントなため、激しい運動を行う1時間前に摂取するのが効果的です。

そして、摂取量に関しては、購入したパッケージの部分に記入してある摂取量を守るのが一番だと思いますが、一般的に毎日3~5gのクレアチンを取り入れます。

また、食事の後に糖分を処理するためにインスリンという成分が出るので、そのタイミングでクレアチンを飲むと体内に吸収されやすいため、効果的にクレアチンの効果を引き出すことができます。

 

クレアチンを摂取する際での注意点

市販で売ってあるクレアチンは、もうすでに研究されテスト済みのクレアチンのため安全性は確保されてはいます。

しかし、摂取量を誤ってたくさん取ってしまうと、胃腸障害になってしまいお腹を下してしまい、数日間下痢をしてしまう可能性があります。

また、先ほども説明しましたが、クレアチンには体重を増やす効果もあります。そのため、マラソン選手や水泳選手などの軽量をキープしなければいけない体系ではかえって逆効果になってしまいます。

なので、使用する前に、将来自分がどういった体系を手に入れたいのかということに合っているのかどうかを判断する必要があります。

 

オススメなクレアチンとその見分け方

たくさんのメーカのクレアチンがありますが、安全面に関してはどのクレアチンも市販のものなら安全と言えます。その中でどれが自分に合ったクレアチンかと見分ける方法は、粉末か錠剤状のサプリメントかということです。

粉末の場合、水に溶けやすいため体内に摂取してすぐに効果が発揮されます。しかし、粉上になっているため持ち運ぶ時が大変です。そのため、ジムやスポーツの練習などに持っていきにくいです。

次に錠剤の場合、持ち運びが粉末のものと比べると比較的、楽にできます。しかし、コーティングがされているため水に溶けるのが遅く、体内に摂取したとしても効果がなかなか出てきません。そのためどのタイミングで飲んでいいのかという見極めが難しいものになります。

こうした2点のメリットとデメリットを見比べた時に、自分に合うなと思った方のサプリにすることをお勧めします。

 

おすすめ粉末状のクレアチン

アメリカ産の1㎏入っているクレアチンです。値段的にも安価で、長持ちするのがとてもいいところです。

 

錠剤上のクレアチン

錠剤にもかかわらず比較的に吸収するスピードが速いサプリメントです。持ち運びも楽にできます。

 

まとめ

今回は、クレアチンについてとその効果や正しい摂取方法を紹介しました。これまでクレアチンについてなんとなくしか理解してなかった方々が、クレアチンについて学んで試してみるのかそうでないのかという決断を付けられるようになったら幸いです。

筋肉を肥大化させるためには、もちろん筋肉トレーニングも大事ですが、クレアチンなどのサプリメントも同時に摂取していくことでさらに効率よく筋肉を成長させていくことができます。

クレアチンの効果は、確かにものすごいものですが、何もしなくても筋肉がつくというような「魔法の薬」ではありません。そのため、筋肉トレーニングや激しい運動も並行して行っていかなければいけません。日々のトレーニングの成果が結果として出てくるので頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です