嘘?スクワットはゆったりやった方が効果的なのか?

どうも、メタトロです!

「スクワットのオススメトレーニング方法」と調べてもらうとわかると思うのですが、多くの方がスクワットは、ゆったり行った方が効果的と述べています。

しかし、それは「何を持って効果的なのか」ということによります。それぞれメリットがあって、どんな人がどんな目的でトレーニングを行っていくのかでゆっくりとしたスクワットと素早いスクワットの使い分けがきまってくるのです。

今回の記事では、素早く行うのとゆったり行うそれぞれのメリットを紹介して、その2つのメリットを見比べた時にゆっくりやるのか素早くやるのかで迷っている方に向けてのオススメな組み合わせを紹介していきます!

 

スクワットをゆっくり行うメリット

スクワットをゆっくり行うメリットをポイントに絞って紹介していきます。

 

フォームチェックになる

スクワットをゆっくり行うことで、自分のフォームチェックをする事ができます。これは、トレーニングを始めたばかりの初心者の方々にオススメな方法です。

何事の筋トレでもフォームを固める必要があります。そうでないと、重いウェイトを扱ったときに怪我をしてしまう可能性があるからです。

さらに、ゆっくりと行うことで体のどこに負荷がかかっているのかが分かりやすくなるので、その負荷がかかっている場所から自分のフォームが正しいのか、そうでないのかということを判断しやすくなるのです。

どうしても初めての方は、今まで生きてきた中で染みついた癖などが出てきてしまうので、いきなり正しいフォームでトレーニングを行うのは難しいかもしれません。

なので、トレーニングを始めてまだ数ヶ月しかたっていない方や、スクワットのフォームに自信がまだない方はゆったりとしたスクワットがおすすめです!

 

持久性の強い筋肉を身に着けることができる

筋肉には2種類の筋肉があります。それは、速筋(瞬発的にパワーを引き出す筋肉)と遅筋(持久性のある筋肉)です。ゆっくりとしたスクワットを行うことで、主に遅筋を鍛えることができます。

遅筋を鍛えることで、疲れにくい筋肉を作り上げることができるので長距離マラソンのように持久力が必要なスポーツ選手にオススメです。

しかし、遅筋を鍛えたとしても足の筋肉を肥大化させるのは難しいのがポイントです。なので、筋肉を大きくはしたくないけど、足を痩せさせたいという理由の方にはお勧めです。

 

素早くスクワット行うメリット

ここでは、素早くスクワットを行う中で得られるメリットをポイントに絞って紹介していきます。

 

パワーがつく

スクワットを素早く行うことでゆったりとスクワットを行うよりは、負荷が足にかかります。そのため、毎回スクワットをするたびに大きな力を発揮し続けることになります。

その結果、先ほど紹介した瞬発的にパワーを生み出す速筋が必然的に鍛えられてくるのです。速筋を鍛えることで、野球や短期距離陸上のように一気に力を出すようなスポーツ選手のパフォーマンス向上につながっていきます。

足にパワーがつくことによって、マラソン選手のような持久力のある筋肉を作り上げることは難しいかもしれませんが、短い距離を速いタイムで走れるようになります。

しかし、素早いトレーニングは正しいフォームでスクワットができる前提で行うものです。なので、初心者の方はゆっくりしたスクワットから行って、しっかりとフォームを固めたうえで素早いスクワットを行ってください!

僕もはじめの方は、フォーム固めと単純に怖いという理由で、ゆっくりとしたスクワットを行っていたのですが、慣れてくると同時に素早いスクワットに乗り移しました!

 

筋肥大を起こす

海外のフィットネストレーニングでは、本格的に体重を増やしたり、体を大きくするために素早いトレーニングを基本的に取り入れています。

素早くスクワットを行った方が、体に大きな負荷をかけることができるのでより効率よく筋肥大を起こすことができるようになるのです。その結果、筋肉が大きくなって脂肪よりも重い筋肉は、体重を増やすことに繋がります!

僕自身も野球をやっていたときは、パワーと強い体系が必要だったので基本的に素早いトレーニングを加えていました。

 

代謝をよくする

素早くスクワットを行うことで、ダッシュを行っているような感覚になります。そのため、ゆったりとスクワットを行うよりも体の代謝効率を向上させることができるようになります!

僕は、先ほど述べた通り、初めの方はゆっくりとしたスクワットを行っていました。そこから、素早いスクワットに移り変えた時の汗をかく量が尋常じゃないくらい違いました。

数セットのスクワットを行っただけで、目を開けるのが困難になるほど汗をかきました。すると、体脂肪率も同時にどんどん下げていくのに成功しました!

代謝が上がっていくと脂肪がつきにくい体になるので、余計な脂肪をカットして体を引き締めることができます。

 

ゆっくりか素早いスクワットで迷っている方へ

このように、ゆっくりと素早いスクワットにはそれぞれメリットがあって、どんな体系を目指していくということで変わってきます。

その目標がまだよくわからないといった方は、上記で紹介した通り、慣れるまでゆっくりとしたスクワットを行って、慣れてきたら両方を組み合わせてスクワットを行ってみてください!

この方法は、そういった方々だけでなく、脚痩せやダイエットを目指している方にも効果的な方法だといえます。ただ一つの方法を毎回繰り返していくだけではなかなか効果は出てきません。

足を細くするためには、足についているぬくみなどを取るために筋肉を付けなければいけません。そういったときに、筋肉のつきにくいゆっくりとしたスクワットばかり行っていても、なかなか脚痩せにはつながりません。なので、適度な素早いスクワットをメニューに組み込ませることも大事になってきます。

さらに、ダイエットを行っている方でも、ゆっくりとしたスクワットを行っているだけでは脂肪を燃焼させることはできません!

素早いトレーニングを定期的に挟むことによって、筋肉に新たな刺激を与えて脂肪燃焼効率を上げることもできますし、上記で紹介した通り、代謝効率が向上するので太りにくい体質を手に入れることができます!

下半身のトレーニング集

 

まとめ

ゆっくりとしたスクワットと素早いスクワットのメリットを比較してきました!ここまで読んでもらって、自分はどっちのトレーニング法を主に行っていくのかというのが何となく理解して頂いたと思います。

しかし、ここで紹介したのはウェイトを使ったスクワットです。もしも自重で行うといった方は、素早い方のスクワット法をオススメします。自重は、そもそも負荷が少ないものなので、その状態でゆっくり行っても効果が出にくいからです。素早く行った方が、足に負荷がかかるため効果的にトレーニングを行うことができるようになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です