笑顔足りてますか?「笑い」がもたらす健康になるための効果。

どうも、メタトロです!

みなさん笑ってますか?大人になればなるほど、仕事や家庭の責任やストレスのせいで腹を抱えるほど笑うことって少なくなっていきますよね。

でも「笑い」が人の心や体に良いということは、医学的に証明されつつあるんです。笑うことによって、免疫力が上がり病気の予防や治療ができるということで注目を浴びています。インフルエンザんどの病気や風邪になりやすい人は、生活習慣や過度な運動、ストレスにより免疫力がダウンしているのが原因と考えられます。そこで、なぜ「笑い」が免疫力アップにつながるのか、さらに笑うことのたくさんのメリットを紹介します!

「笑い」がNK細胞の活性させる

NK(ナチュラルキラー)細胞とは、免疫細胞の一つで、がん細胞やウィルスなどの体に悪影響を及ぼす物質に攻撃する細胞のことです。人間の体というのは常に危険にさらされていて、たとえ若くて健康な体にも1日、3000~5000個ものがん細胞が発生しているのです。

免疫細胞は血液中の白血球のことで、体を守る免疫システムの中でも中心的な役割を担っています。免疫細胞には、樹状細胞やT細胞のようないろいろな種類があり、それぞれが自分の役割を果たすことで体の免疫システムが保たれています。その中でもNK細胞は常に体中を巡回し、がん細胞やウィルス感染細胞などの病原体の発見と初期攻撃の役割を持ちます。

人間は、大きな笑いをしている時に自然に腹式呼吸という呼吸法になっているのです。腹式呼吸は横隔膜を動かしお腹で呼吸するものです。これは、アスリートや歌手などのほとんどがマスターしている呼吸法で、メリットはたくさんあるのですが、その中に免疫力を高めるという効果も期待されます。さらに笑うことでそのNK細胞の表面に「善玉」の神経ペプチドが付着して、NK細胞を活性化することによって免疫力が上がるという仕組みです。

逆に、「病は気から」ということわざがあるように、悲しみやストレスを溜めてしまうとNK細胞が活性化するどころか動きが鈍くなり、免疫力もダウンして風邪をひきやすくなってしまいます。普段学校や職場で笑うことが少ないという人は、作り笑いでも同じ効果を持っているので、とにかく笑いましょう!

 

笑うことのメリット

 

笑いというのは、免疫力アップの他にもたくさんのメリットがあります!

  • ダイエットの効果
  • プラス思考になり幸福度が高まる(ストレス、うつ症状の緩和)
  • 血行促進
  • 自律神経のバランスを整える
  • 脳の働きの活性化(ボケ防止)

 

「笑い」でダイエットができる!

先程も言ったとおり、笑うことは横隔膜を動かす腹式呼吸を自然にすることができます。(ダイエット場合は、作り笑いでは大きな効果は得れません)そうすることで筋肉を刺激し腹部のインナーマッスルを鍛えたり、内蔵のマッサージにもなります。

笑いは内蔵のジョギングとも呼ばれていて、「笑いヨガ」というのもあるくらいです。お腹の筋肉を使い、腹筋、横隔膜が鍛えられると、胃や腸の動きを助けることで、便秘の解消ができます。さらに、大胸筋も使うのでバストアップにも役立ちます。女性らしいボディを手に入れたいと思っている女性には嬉しい情報ですよね。

他にもまだまだ効果はあります。例えば、笑うことにより、幸せを感じたりポジティブ思考になることで体温が上がり、基礎代謝がアップし痩せ体質を手に入れることもできます。また、軽度の運動と同等以上のカロリー消費ができます。さらに、笑うときに出る「セロトニン」というホルモンが食欲を抑える作用があります。笑うだけで食べる量も減り、カロリーを簡単に消費し、痩せ体質をゲットできるなんて夢のようですよね。極めつけはやはり小顔効果があるということですね。「一笑一若」。

一度笑うとひとつ若返るという意味のことわざがあるように笑うことで若気っちゃえますよ!たくさん笑って表情筋を動かし、小顔になってください!

 

まとめ

どうだったでしょうか。今回は「笑い」が健康にもたらす効果について紹介しました。人間ってついついネガティブになりがちですよね。そんなときは、思いっきり泣いてストレスホルモンを排出しましょう。そして思いっきり笑いましょう。恥ずかしがらずに、周りを気にせず大笑いしましょう!それができなくても、作り笑いでも良いので、とにかく笑うことが大切です。笑いは自分を変えてくれるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です