ダイエット効率を上げる!正しいサウナの入り方!

どうも、メタトロです!

温泉施設で、汗を流して体を癒してくれるサウナ。

実は、サウナにはダイエット効果もあるんです。その名もサウナダイエット。サウナダイエットは、ただサウナに正しく入っていればいいだけなので誰でも気軽に入ることができるようになります。

さらに、最近ではサウナやジャグジーが設備されているジムが出来てきたため、筋トレ後に直接ジム施設内のサウナを利用することができます。

今回は、サウナに入るだけで本当にダイエット効果が出てくるのか、正しいサウナの入り方や頻度などを紹介していきます!

 

サウナに入ることによって生まれるメリット

サウナは汗を流して気持ちよくするだけでなく、ダイエット効果、リラックス効果といった他にも様々な効果があります。

ここでは、そういった体に対してメリットの出る様々な効果を紹介していきます!

 

代謝を上げる

代謝を悪くする原因は、複数あります。その中の一つが、血流の流れです。血流は、体内温度が上がっていくと良くなって、悪代謝の改善につながります。

一定の筋トレやランニングなどの運動を行っている方は血流が良いため、代謝が高くなって太りにくい体を手に入れている方が多いです。

そこで、サウナに入ることによって、体内の温度は温められていくため血行を促進させる効果があるのです。血行が促進されることにより、代謝を上げやすくすることができるのです。その結果、脂肪燃焼効率が上がり、太りにくい体を手に入れることに繋がります!

さらに、血行が良くなると筋肉に血液が行き渡って、肩こりの解消にもつながってくるのです!

 

疲労の改善

サウナに1時間は言っていると150カロリーが消費されます。これは、1時間ウォーキングして消費される200カロリーよりも低い数値です。そのため、「1時間もサウナの中に入ってダイエットするよりは運動した方がマシ!」と思っていらっしゃる方も多いと思います。

しかし、サウナには運動ではできない乳酸の分解をすることができるのです。

運動を行うと体内に乳酸という疲労物質が溜まります。この乳酸は、脂肪の燃焼効率を下げるだけでなく体を疲れさせてしまうのです。

サウナに入ることで酸素の摂取量も普段より増加します。それにより、乳酸を分解しやすくする効果があるのです。そのため、サウナに入っているだけで体の疲労を軽減することができるのです!

 

睡眠の質の向上

睡眠の質を上げるということは、ダイエットにとっても筋肥大にとっても重要なことです。睡眠の間に成長ホルモンが分泌されるからです。

そんな睡眠の質は、自律神経を整えることで向上させることができます。サウナという高温の室内に長い間いて、そこから水風呂などに入って体を一気に冷やすと体が刺激され、自律神経のバランスが整いやすくなります。

そうすることにより、睡眠不足が解消されてダイエットの効果が出てきます。

 

ダイエットに効果的な正しいサウナの入り方

サウナに入ることで得られるメリットを理解したところで、そんな効果を安全に最大限に引き出すサウナの正しい入り方を紹介していきます。

 

サウナに入る前にシャワーや入浴をして毛穴の汚れを脱ぎ取る

もしも温泉に設備されているサウナなら、体を洗ってお風呂に使った後にサウナに向かうという温泉のマナーとして自然に行うことができます。

しかし、ジムなどのサウナを使うときは、筋トレ後シャワーに入らずにそのままサウナに入ってしまうということをやってしまうと思います。

サウナに入る前に毛穴の汚れや汗を洗うという事はものすごく重要なことです。なぜなら、サウナに入っているときに汚れが邪魔をして、汗をかくことができにくくなってしまうからです。




適切な時間

沢山汗をかいて、脂肪燃焼の効率をあげる!と何時間もサウナに入っているのはものすごく危険です。あの高温のサウナに何時間もいるのは、脱水症状を引き起こしてしまって逆効果になってしまいます。

なので、1時間いなければ確かに消費カロリーは150まで行きません。そこで、行うのが10~15分サウナに入って、いったん外に出て休憩するという方法を3~5回程度繰り返すという方法です。

汗がしっかりと引くまで、涼しいところで休んでいてください。そうすることにより、代謝向上や老廃物排出の効率を上げることができます!

 

水分補給を忘れない

サウナから出て休憩している間にしっかりと水分補給を行ってください。サウナは、汗を沢山かくことでダイエットの効果を引き出しています。そのため、先ほどもお伝えした通り、脱水症状になりやすいのです。

さらに、水分を休んでいる間に取ることによって汗をさらにかけるようになり、血行促進や代謝向上にもつながります。

しかし、この水分はお酒のようにアルコールが入っているものは、危険です。サウナの中は、高温で血液の循環を良くするため酔ってしまいます。

さらに、そもそもアルコールは水分を飛ばしてしまうため却って脱水症状を引き起こす原因になってしまいます。

 

サウナ後は水風呂に入る

サウナ後に水風呂に入ることで自律神経を整えることができるだけでなく、体を冷やすことで血管を広げてさらに血行促進させることができるのです。その結果、代謝の向上の効果も見込めます。

なので、なるべく肩まで水風呂に浸かってください。しかし、心臓の弱い方は水風呂はあまりお勧めしません。

そういった方は、シャワーでぬるま湯を体にかけてください!

 

どれくらいの頻度でサウナに入ればいいのか

よくサウナが好きで毎日サウナに通っているという方がいます。しかし、サウナダイエットでは毎日サウナに通う必要はありません。

一番ベストなサウナ利用頻度は、週に1回、多くて3回までです。また、体にだるさや風邪気味の状態でサウナに入るのはものすごく危険です。

なので、そういった日はサウナには通わないでしっかりと体を休めてください。

 

サウナの効果を高めるアイテム



サウナの効果を高めるアイテムとは言いましたが、もし温泉や銭湯にあるサウナに通っている方ではなく、ジムにあるサウナを使用する方々にオススメするアイテムです。

それは、サウナスーツです。サウナスーツは、汗をかくための特殊なウェアです。ただで際汗をかくサウナでサウナスーツを着ることによってさらに汗をかき、代謝を効率よく向上させていくことができます。

また、汗と共に老廃物まで輩出できるのでダイエット効果をより効果的に引き出すことができます。

 

まとめ

今回は、サウナには入ることで得られるメリット、注意点や正しい入り方について紹介しました。

頻繁にサウナに通い続けなくても、サウナで得られるメリットはとても大きいです。もしも、時間が空いたらサウナダイエットを行ってみてください!

また、ジムに通っている方で今までサウナを利用してこなかった方でも、筋トレ後にサウナに入って体をリラックスさせ、体をストレッチやマッサージを行うのも老廃物を輩出するデトックス効果が高まるのでお勧めですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です