【自宅でダンベル】安くて自宅で使えるオススメなダンベルを紹介!

どうも、メタトロです!

ウェイトトレーニングをするにあたって、ダンベルカール、アンベルフレンチプレスなどのダンベルが必要になってくる種目が多いです。

しかし、ジムに行く時間やお金がなかったりしてダンベルが使えないという悩みを解決するのが、ダンベル自体を購入することです。

ダンベルを正しく使いこなせば、初心者でも筋肉を効率よく肥大化させることができます。

今回は、ダンベルの種類とその見分け方、初心者から上級者まで扱うことのできるオススメするダンベルを紹介していきます!

 

ダンベルの種類

ダンベルにも種類があります。初心者が使いやすいようにできているダンベルから、ボディビルダーや一流アスリートが使うような本格的にトレーニングを行う人用のダンベルまであります。

その中でも二つの種類に分けられます。固定式か可変式です。

ここでは、その二つのダンベルの特徴やメリットとデメリットを紹介していきます。

 

固定式ダンベル

固定式ダンベルは、一般的によく見られるタイプのモデルです。固定式は、最初から決まった重さで変更することができないダンベルです。

そのため、細かくウェイトを入れ替えて複雑なトレーニングを行うといった上級者向けではなく、同じウェイトでシンプルなトレーニングを行うことができるので、初心者の方にオススメなダンベルです。

このタイプのダンベルは、可変式ダンベルよりも低価格で購入することができます!

 

固定式ダンベルのデメリット

固定式ダンベルは、上で説明した通り、重さを一切変えることのできないダンベルです。

なので、もしも重りを細かく変えながら筋肉トレーニングを行うことを決めて購入する場合は、別の違うダンベルを購入しなければいけません。

そうなると、費用もそのダンベルに応じてかかってきてしまいます。さらに、たくさんのバラエティーの重さのダンベルを購入すると置くスペースまで取ってしまうのが、固定式ダンベルのデメリットです。

購入する際は、こういった点に気を付けてください!



可変式ダンベル

可変式ダンベルは、固定式とは違って重さを自分の好きなように変えることができます。細かくウェイトが変更できるようになっており、セット数に応じて重さを変えることができます。

さらに、重さを自分の自由自在に変更できるため、いろいろなトレーニングの種目を自分の体に合わせて行うことができます。

なので、固定式ダンベルのようにまた別のウェイトのダンベルを購入しなくとも、一つのダンベルで足りてしまうのでスペースをあまり取らずに済みます。

一般的な重さを変更する方法は、ダンベルのプレート部分にそれぞれ重りを付けて足していくのですが、メーカーによって、重りを足していく方法は違います。

自分に合ったダンベルをみけて行くことも重要です。

 

可変式ダンベルのデメリット

可変式ダンベルのデメリットは、使用した後に片づける際にダンベルを待ためてスペースをなるべくとらないようにします。

そうすると、一番重いウェイトの設定になってしまっているため、移動させるときや次に使用するときにまた重りを軽くしなければいけません。

可変式ダンベルの重りの入れ替えは、引っかかってしまったり、両端のダンベルのプレートを毎回取り外さなければいけないため、結構面倒なものになっています。

さらに、重りを変更する際にも落としてしまって怪我や床に傷がついてしまう危険性もあるため取り扱う際には注意をさらう必要があります。



可変式か固定式どちらがおすすめか

この2種類のダンベルを選ぶときに、実際に取り組むトレーニングの方針によって違ってきます。

ただ単に腕などのある一か所の筋肉に負荷をかけて大きくしていきたいと考えている方は、変に重りが変動しない固定式ダンベルをお勧めします。いちいち面倒な重さ変更をせずとも鍛え上げたい部位をシンプルに中心的に負荷をかけることができます。

全身をバランスよく負荷をかけて鍛え上げたいという方には、可変式ダンベルをお勧めします。メーカーにもよりますが、中には60㎏以上までウェイトを変更させる可変式ダンベルもあります。

そのため、腕や肩だけでなく、ダンベルを使って下半身トレーニングや背筋トレーニングなどの数多くの種目をその部位の強度によって、幅広く調整することができます。

 

ラバーがついているかどうかをチェックする

ダンベルを購入する前に、プレートにラバーがついているかどうかをチェックすることはとても重要です。

普通のジムに置いてあるようなダンベルは、プレートの部分には何もついていないです。しかし、ジムでは万が一落としてしまったとしても床が傷ついてしまうようなことはあまりありません。

しかし、自宅の床でダンベルを扱った際にうっかり床に落としてしまった場合は、傷がついてしまうことが多々あるのです。また、ダンベルを床に置くだけでも音が大きい場合もあります。

そういったことを少なくしたり、小さくする役割を持っているのが、ラバーです。ラバーをプレート部分についていることによって、落としたときに床が傷つきにくくなるのと、ダンベルをおいたときにもラバーがクッションとなって、音を小さくしてくれます。

メーカーによってプレート全体が、ラバーによってコーティングされているのと、外側だけコーティングされてあるダンベルがあります。外側だけがコーティングされてあるダンベルの方が低価格で仕入れることができます!



オススメするダンベル

上記でダンベルの種類や選び方を紹介してきました。ここでは、そういったことを踏まえた5つのダンベルを紹介していきます。

自宅で使うダンベルは、ずっと長い間使っていない限りは、値段はあまり関係ありません。

しかし、デザイン性のいい物を選んで自分のモチベーションを上げるのも、効率的に筋肉を大きくする一つの手です。自分に合ったダンベルをこれから紹介するメーカの中から見つけてみてください!

また、ダンベルは、バーベルと違って自分の命までかけるほどの危険性はありませんが、気を付けて扱わないと怪我をしてしまう可能性があります。そのため使用する際は、しっかりとそういったことには注意を払って行ってください!

 

アーミーダンベル

2018年モデルのアーミーダンベルは、4㎏、7㎏、10kgの3段階の重量調整でレベルに応じたトレーニングが可能なダンベルです。

ポリエチレンコーティングがしてあるため、鉄製のダンベルとは異なり、サビることも臭みが出ることもありません。床も傷がつきにくくなっているため安心感をもって筋トレに集中することができます。

また、このコーティングによって、グリップが冬でも冷たくなりにくくなります。

リーディングエッジ(LEADINGEDGE) アーミーダンベル 10kg×2個セット
サイズ(目安):幅36×Φ19cm
総重量:約10kg

楽天で購入

 

ラバーシャフトプレートセット

このダンベルは、楽天の売り上げ1位に輝くほどの人気なダンベルで、1.25㎏、2.5㎏、5㎏、7.5㎏、10kg、15㎏’、20㎏の6段階のプレートがあります。これは、片方だけのダンベルなので、両方のダンベルの総合で最高40kgまである、可変式ダンベルです。

細かく重量を調整できるため、徐々に筋肉に負担をかけていくトレーニングや、いろいろなバリエーションのトレーニングをこのダンベルセットで行うことができます。

このダンベルの最大の特徴は、プレートにラバーがついているという点です。上記でも紹介した通り、ラバーがついていると床に傷がつきにくくなるなどのメリットがあります。

さらに、グリップには、シャフトのすべり止めが搭載されているため、滑りにくくて手のひらの痛みも軽減してくれます。

【20kg×2個のセット】
プレート:1.25kg×4枚、2.5kg×4枚 5.0kg×4枚、シャフト:2.5kg x 2本

シャフト長さ:355mm
シャフト径:28mm

楽天で購入



カラーダンベル

このダンベルは、8㎏とちょうどいい重さの固定式ダンベルです。

表面は、柔らかい感触での握りやすくなっているコロロプレインゴムコーティングになっています。そのため、男性だけでなく女性も使用することが可能になります。

腕を鍛えて二の腕を痩せさせたり、下半身を鍛えて足を引き締めるといったダイエット効果もあります!

カラーダンベル:2個セット

サイズ(目安):幅25cm×奥行12cm×高さ11cm

重量:8kg(1個あたり)

楽天で購入



[RANKER]可変式ダンベル

このダンベルは、5㎏から最大40kgまで17通りもの重量調整を行うことができます。そのため、初心者から上級者まで重りに応じたトレーニングをすることができるとても幅の広い種目を実践することができます。

さらに、プレートを何枚も使わなくていいダンベルです。

ダイアルを回すだけで重量調整を行うことができるため、たったの5秒あれば重さがチェンジすることができ、めんどくさい重りを変える動作を解決させたものすごく便利なダンベルです。

[RANKER]可変式ダンベル:40kg 2個セット

サイズ(目安):66×43×43cm

楽天で購入

 

FEILDDOOR ダンベル

このダンベルは、楽天市場で1位を取ったことのあるくらい人気なダンベルです。2kgから20㎏まで重量調整のできる可変式ダンベルです。

ハードロッカーも標準装備されているため安全面をましてトレーニングに打ち込むことができます。

このダンベルの最大のセールスポイントが、2つのダンベルをつなげてバーベルにできるところです。ダンベルからバーベルにすることによって、デッドリフトなどのできるようになるためトレーニングの幅を広げることができます!

そうすることによって、筋肉の肥大化を効率的に行うことができます!

FEILDDOOR ダンベル:プレート5.0kg×4、プレート2.5kg×4、プレート1.25kg×4、シャフト2.0kg×2、ハードロックカラー0.18kg×4 

サイズ(目安):シャフト : 直径2.8cm×長さ45.5cm、ハードロックカラー : 直径5.5cm×厚さ2.2cm

楽天で購入



まとめ

今回は、オススメなダンベルを紹介しました。この中で自分に合ったダンベルを探して、日々のトレーニングを効果的に行いましょう!

ダンベルを選ぶ基準は、まずは自重自在に重さをコントロールできるダンベルか、同じ重りを扱ったシンプルなトレーニングに長けたダンベルを選ぶことからスタートします。

そこから、ラバーや値段などを見比べて自分に一番合ったダンベルで効率よく筋肉を鍛えていってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です