頑張ってダイエット成功したのに、リバウンドしてしまう原因とは?!予防法と対処法を紹介!!

どうも、メタトロです!

僕は今、スポーツをやっていて、そのスポーツのシーズン中は運動をよくやるし、糖質食事制限もするので体重は70kgから62kgまで-8kgの減量にシーズンが始まってから、終わるまで痩せることに成功しました。

しかし、、、、

シーズンが終わると運動もしなくなるので一気に太り始めます。いわゆるリバウンドにも成功したわけです。。。スポーツ選手にとっては、あってはならないことです(笑)

せっかく頑張って痩せたダイエットでも、リバウンドしてしまったら意味がないですよね!

今回は、リバウンドする原因、予防法、対処法、そして、僕が身をもって体験したお勧めダイエット法を紹介していきます!

是非、この情報をもとに、自分のダイエットにも活用してみてください。もうリバウンドしない知識を持って、自分が頑張って手に入れた理想な体を保ってください!

 

糖質食事制限ってどういった事するの?

糖質食事制限とはその名の通り、糖質をなるべくとらないようにする食事制限ダイエット法です。

これは、ジュース、デザート、デザートとかそういった類のものだけではありません。僕たちが普段から主として毎日食べている、白米なども糖質が入っています。そのほかにも、朝ごはんによく食べられるパンや、夜中いきがちなラーメンだったりとかも糖質がたくさん入っています。こういった食べ物を制限するのが糖質食事制限です。

しかし、気を付けてほしいのは、あくまで制限という事です。人の体はストレスを抱え込むとリバウンドをしやすくなります。どうしても我慢できないときは、少しだけそういった食べ物を摂取することでストレスを回避することができます!

 

リバウンドしやすい人の特徴

  • 短期間でダイエットを行う
  • 運動せずに糖質食事制限だけで痩せようとする
  • 食事の回数を減らす

 

短期間でダイエットを行う

短い間でダイエットを行い、実際に痩せるためには結構体にハードな食事生活を行う方が多いと思います。そういった方は、ダイエットに成功した後に、それまでため込んでいたストレスを爆発させて普段より食べ物を食べてしまってダイエットを始める前の体系、体重に戻ってみごとにリバウンドしてしまいます。

 

運動せずに食事制限だけで痩せようとする

体脂肪は、有酸素運動か無酸素運動で燃焼されて行きます。つまり痩せるには、運動をして、消費カロリーを摂取カロリーをより大きくする必要があります。いくら食事制限が完璧でも、運動を全くせずに、消費カロリーが0なら痩せるはずがありません。

しかし、今までしていた食事より制限されているため、一時的に痩せることができます。そこで、ダイエットに成功していると勘違いして、普段の食事に戻した際にリバウンドをしてしまうようになります。

 

食事の回数を減らす

食事制限を考えて、一日3食のサイクルの中から一食減らすとかそういったダイエットは、リバウンドにつながります。確かに一時的には、体重は落ちるかも知れませんが、このダイエットを終えた瞬間に恐らくすぐにリバウンドします。最悪の場合、最初のスタート地点の体重より増えてしまうかもしれません。

人には、自己代謝といって常に何もしなくても体内の脂肪が燃焼されています。ここで重要なのが、1日の自己代謝を下回らないことです。もし下回ってしまった状態が続くと体内のたんぱく質を補えなくなってきます。そこで体は、筋肉から糖を作りだします。そうなると筋肉もどんどん落ちてきて、脂肪を燃やしにくくなってしまいます。さらに、エネルギーが少ないので、運動する体力もどんどん減っていきます。そうなると、食べていないのに痩せにくいし、食べ始めると激太りしてリバウンドしてしまいます。

 

リバウンドしにくい人の特徴

  • 長期的にダイエットを行う
  • 運動を定期的に挟む
  • 食事の仕方に気をつけている

 

長期的にダイエットを行う

長期的にダイエットを行える人は、糖質食事制限などもダイエット目的じゃなくて自分の健康のために自然に行っています。そのため健康的な生活を送れるので、リバウンドする可能性はすごく低いです。

そして、そのダイエットをやめたとしても、糖質制限などの知識を生かして、徐々にやめていくためリバウンドはとても起きにくいです。

 

運動を定期的に行っている

先ほども説明したとおり、運動をしなければ体脂肪は燃焼されないので痩せることはできません。しかし、運動する時間がない方もたくさんいると思います。

この運動とは、軽い筋トレ、軽い体幹トレーニング運動でも何もしないよりは、消費カロリーが違ってくるので、そういったことも意識しながら励むことで、リバウンドする可能性を低くできます!

 

食事の仕方を気を付けている

リバウンドをしにくい人たちは、自分の食事の仕方について気を使っています。

例えば、「間食は太るから、するのをやめよう」、「カロリーの低い食べ物を食べよう」、「朝、昼、晩しっかりと食事しよう」など こういった点に意識をもって、日々生活を送っています。まるでアスリートみたいで大変そうですよね(笑)しかし、こういったことを習慣つけていければ、リバウンドをしにくい人に大幅に近づけます!

 

予防法

リバウンドを防ぐためには、日常生活の中で気を付けなければいけない事が2つあります。ここでは、その予防法をわかりやすき紹介していきます。

しっかりと食事管理を徹底する

糖質食事制限ダイエットを始める際に、一日で取れる糖質の目安を自分で決めてそれ以上越さない食事を毎日徹底して続けることで前もってリバウンドすることを防げます。例えば人が一日で必要な糖質量が、体重×5gとされています。だから、僕の場合、62㎏×5g=310なので、330g以上は糖質を取らないと決めることで余分な糖質をカットできて、リバウンドを避けることができます!

 

睡眠をしっかりととる

睡眠不足は、ダイエットにおいて一番避けるべきものです。睡眠不足になってしまうと、体内でグレリンというホルモンが分泌されます。このホルモンは、食欲を上げて、夜中に糖質の高い、ポテチ、唐揚げ、ラーメンなどを食べたくなってしまい、そこで我慢できずに食べてしまい、頑張ってきたダイエットが水の泡になってしまうこともあります。

そういうことが起きないためにも1日7時間以上の睡眠をとるようにしてください。

 

対処法

もしも、ダイエットからリバウンドをしてしまった方には、対処法があります。しかし、脂肪を落とすということは、リバウンドとは反対にとても難しいことです。途中でやめてしまう気持ちもわかりますが、日々継続して行ってみてください。

 

無酸素運動を行う

無酸素運動とは、短い間に大きな力を使う運動の事を指します。例えば、筋トレ、短距離ダッシュなどです。この運動法は、筋肉を作ってる効果があるので、自己代謝が良くなって痩せやすくなります。確かに有酸素運動(ウォーキング、ジョギングなどの継続的運動)も脂肪を落とす効果があるのですが、筋肉も落としてしまうので、自己代謝を悪くして痩せにくい体になってしまいます。もちろん長い間、有酸素運動を行えば、その分脂肪も落ちるので痩せることができますが、効率を考えた時に無酸素運動のほうがいいですね!

 

自己体験ダイエット法

僕の場合は、極端にお菓子、ジュースなど糖分がたくさん入っているものを一年間禁止しました。さらに、白米を玄米に変えてみました。玄米は、中性脂肪の増加を防ぎ、血液をサラサラにするという効果があるため実践してみました。筋トレは週に2-3回行いました。すると、体重は面白いように減っていきました。少しお菓子などを我慢し、食事を変えてみたり、筋トレの量を増やしただけで、難しいとされるダイエットがうまく成功しました。今もこのダイエット法は継続してやっています。筋肉量が上がって脂肪が落ちてきているため、体脂肪率は10%です。ただ痩せすぎるのも嫌なので、痩せてきたら食事の量を少し増やしたりなどして、うまい具合に調節してます。

 

まとめ

今回はリバウンドする原因、予防法、対処法について紹介してみました。リバウンドする原因さえつかんでしまえば、リバウンドをしないように、適度な運動を繰り返して防止することもできます。僕と同じようにリバウンドに成功してしまった方でも、食事を見直したり、筋トレを行ったりすることで体重を減らすことができます。そのあとは、リバウンドをまたしないように気を付けてくださいね(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です