パワーグリップオススメ人気ランキング!使い方や選び方について解説!




どうも、メタトロです!

よくデッドリフトやダンベルランジなどを行っているときに、下半身は余裕でこのウェイトに対応できるのに握力が足りないせいで、できるものもできないという状況に陥ったことはありませんか?

そうなると握力ばかりに意識が行ってしまって、他の細かい腰や背筋などのフォームがあやふやになって怪我をしてしまうことに繋がる恐れが出てきます。

そんな時に、便利なのがパワーグリップです。パワーグリップは、手首にリフトバンドのようにつけておいて、そこから出ているラバー製のベロをダンベルやバーベルなどに巻き付けてグリップ力をアップさせます。

その結果、他の部位に集中ができて握力が無かったせいで、できなかったウェイトも扱えるようになって効果的なトレーニングができるようになります!

今回は、そんなパワーグリップの選び方やオススメするパワーグリップ人気ランキングを紹介していきます!



パワーグリップのメリット

フリーウェイトで重要になってくるパワーグリップの重要性について紹介していきます!

 

限界まで筋肉を追い込める

冒頭でもお伝えした通り、パワーグリップは握力の補助をしてくれるアイテムです。そのため、重心的に鍛えようとしている筋肉を効果的に鍛えることができます。

例えば、デッドリフトで重いウェイトを上げようとしたときに下半身と背筋に負荷をかけてウェイトを上げて鍛えたいところを前腕筋が弱いとそもそもウェイトが持ち上がらなくて、重要な筋肉に負荷をかけることができません。

さらに、握力が弱いと腰で上げようとして、背中が丸まり、腰痛を引き起こしてしまう恐れが出てきます。しかし、握力がパワーグリップにより補助されていることで自分の限界のウェイトにも挑戦することができて、フォームも固めやすくなります。

その結果、限界まで筋肉を追い込んで筋肥大効率をアップさせることができます。

 

手のひらの保護

バーベルやダンベルを使った高重量トレーニングを繰り返していると手にマメができることが稀にあります。マメが手のひらにできると、トレーニングを行う際にウェイトだけでなく痛みとも戦わなければいけなくなってしまいます。

そうなると、トレーニングに集中できなくなって高重量のウェイトを扱うのが難しくなってしまい、トレーニングの質を下げてしまうことになります。

しかし、パワーグリップはベロが手のひらを守ってくれるため、バーベルやダンベルなどの摩擦を軽減させて、マメなどの手のひらにかかるダメージを防ぐことができます!



リストストラップとの違い

よく間違われるのが、リストストラップとパワーグリップの違いです。リストストラップの方が、高重量を扱うことに向いていますが、手首があまり固定されないのと一回使うたびに手間がかかってしまいます。

 

View this post on Instagram

 

Weight of the 🌎 on his shoulders! #WillStrong

Alex Woodさん(@awood45)がシェアした投稿 –

この人は、現在ロサンゼルスドジャースでプレーしている前田健太選手の通訳者、ウェルさんです。 ウィルさんは、なんとデッドリフト408lb(約180㎏)に挑戦。

そしてリストストラップのおかげで成功!この時、手に巻いているのはリストストラップというものです。

確かにリストストラップは、高重量に向いていますが、この動画を見て頂いたら分かる通り巻くのにもう一人助っ人がいなければいけません。その点パワーグリップは、一人でも気軽にそんな時でも使用することが可能です。



パワーグリップの使い方

パワーグリップの使い方は、とても簡単にできているので初心者の方でも簡単に使うことができます。

  1. パワーグリップのマジックテープを外して、手首にしっかりと巻き付ける
  2. 手のひら側にベロが出てくるので、そのベロを持ち手の下側から巻き付けていく
  3. 4本の指でベロを上から握って、指でベロを巻きつけながら完全に固定させる
  4. 親指をも使って手の指全部で強く握る

 

パワーグリップの選び方

パワーグリップにはたくさんの種類があって、どれも似たような形をしているので、商品の選び方が難しいと思います。ここでは、パワーグリップを選ぶときに置いてみるポイントを紹介していきます。

 

手のひらのサイズ

パワーグリップを使うときは、しっかりと手に固定されていなければいけません。そのため、サイズを選ぶのは重要になってきます。

パワーグリップには、S(約16cm)、M(約18cm)、L(約21cm)、フリーサイズ、ワンサイズの5種類あります。パワーグリップは、大きすぎても小さすぎても効果を100%発揮することができないのでしっかりと自分の手の大きさを把握して購入しなければいけません。



ベロの素材

ベロの素材にもたくさんの種類があります。耐久性や便利性といった様々なメリットがそれぞれあります。自分のトレーニングにはどんなベロの素材が向いているのかというのを確かめる必要があります。

定番なラバー素材

一番パワーグリップで使われている素材がラバーです。ラバーでできているため手を滑りにくくさせてグリップをしやすくなっているアイテムです。そのため、腕への負担を極力減らすことができます。

皮素材

皮素材は、ラバーに比べると滑りやすくなっていますが、使っていくごとに皮の場合は手に馴染んできます。そのため、ベロの部分が手のひらに完全にフィットした状態で使用できるので何も違和感がない状態で行うことができます。

鉄性

鉄製は今まで紹介してきたパワーグリップの中で最も便利性に優れているものです。なぜなら、他のベロのように巻き付ける必要が無く、ただバーベルなどのかけてしまえばいい話だからです。

なので、毎回バーベルに巻き付けたりする手間が省けます。しかし、斜めになっている懸垂バーなどに引っ掛けると滑ってしまい使うことが難しくなってしまいます。



パワーグリップのオススメ人気ランキング

パワーグリップのことについて理解したところで、オススメするパワーグリップをランキング形式で紹介していきます!

 

5位:king2ring パワーグリップ pk650改 ラバー

 楽天で購入!

この商品は、楽天でも堂々の1を獲得したパワーグリップです。ベロの部分がラバーになっているため滑りにくくなっていますし、テープ部には最上位の耐久性を持つナイロンが使われています。

なんといっても価格が2,980円というものすごく安い値段でこのクオリティは、かなりコスパがいい商品になっています。

サイズ フリー 素材 ラバー 価格 2,980円

 

4位:king2ring パワーグリップ 鉄製 pk650 claw

 楽天で購入!

king2ring パワーグリップ 鉄製 pk650 clawは、鉄製でできているパワーグリップなので、引っかけるだけで行える便利性に特化しているパワーグリップです。高重量にも強いナイロンも使用されています。

また、鉄製の弱点である滑りやすさをラバーでコーティングされてあることで軽減されています!

サイズ ワンサイズ 素材 価格 3,672円



 楽天で購入!

このパワーグリップは、2,380円にもかかわらず本革が使用されています。高重量にも耐えられるようにベルト部にはナイロンが使用されています。皮の部分も厚くなっているためウェイトによる手の平への負担を軽減させてくれます。

サイズ フリー 素材 価格 2,380円

 

第2位:ハンドパワーグリップ【BODYMAKER ボディメーカー】

 楽天で購入!

ボディメーカのパワーグリップは、ベロの所がラバーでできています。そのため、滑りにくく腕にもなじみやすくできているパワーグリップになります。更なる負荷に挑戦したいときに、このパワーグリップを使うことで、滑りにくさや握力の力をサポートされるので成功率が上がります。

サイズ フリー 素材 ラバー 価格 2,149円

 

1位:GOLDS GYM ゴールドジム パワーグリッププロ

 楽天で購入!

このGOLDS GYMのパワードグリッププロは、ダントツでオススメします!まず、ゴールドジムは日本で最も有名なジムなので初めから入る信頼感が違います。信頼感だけでなく、ベロの部位が他のパワーグリップに比べて長くなっており、さらに厚くもなっています。

そのため、簡単にバーベルやダンベルに巻き付けることができるだけでなく手に平にかかるか単も少なくすることができます。トレーニングの上級者まで対応している重量への耐久力もあるため、長続きするアイテムになっています。

値段は確かに張りますが、クオリティーとこれから長く持つ耐久性があるので全然ありだと思います!

サイズ S、M、L 素材 ラバー 価格 9,504円

 

まとめ

今回は、筋トレの際に握力を保護してトレーニングの質を上げることのできるパワーグリップのオススメランキングを紹介しました!

人それぞれトレーニング内容は違うとは思いますが、懸垂をできるようになりたい!とか無理なくウェイトリフティングを行いたい!という方にはぴったりの商品です。

中~上級者の方でもトレーニング中に怪我をしてしまうことはあるので、こんなアイテムを身に着けておくことをオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です