夏バテしない!体調を管理する5つの方法を紹介!




どうも、メタトロです!

もう7月の終盤に入ってきており、夏がやってきました。

今年はいく年度に増して、紫外線や気温が上がっていくことが予測されています。

ただ、夏こそ様々なイベント、バケーション、海などといった外出する機会が増えていきます。

お金で買えないものは時間と体調なので、それほど体調というのはかなり重要なことになっているのです!そこで、夏バテしない体調管理の方法を今回は紹介していきます。

 

勘違いされている体調管理

まずは、勘違いされている体調管理方法をいくつか紹介していきます。

勘違いした体調管理方法を続けてしまうと、効果がないだけでなく、逆効果になってしまう可能性も十分に考えられます。

なので、ここで紹介するポイントについてしっかりと理解しておくようにしてください。

 

ランニングは意味があまりない

ダイエットをしている方が特に勘違いしているのが、ランニングという長時間、一定の負荷を体に与え続けるランニングという有酸素運動です。

まず、ランニングで1kgの自分の体重を落とそうと考えているのなら、77時間のランニングが必要と言われています。

ランニングは、自分の体重の負荷が下半身に常にかけられるので負荷自体は結構高くなっています。そのため、何時間もしていると膝に負担をかけてしまって怪我をしてしまうことも十分に考えられるのです。

確かに幸福度を向上させようとするのであれば、ランニングは効果的な方法となっています。

しかし、ランニングに費やせる時間はせいぜい30分くらいで、1日1時間ランニングすることすら体に傷を作ってしまっており、その時間配分を間違えてしまうと幸福度を得る代わりの大きな代償を得ることになってしまうのです。

また、ランニングをすることで脂肪と一緒に筋肉まで低下してしまうので、基礎代謝(何もせずともカロリーを使ってくれる代謝)も落ちてしまって、効率の悪いダイエット方法となっているのです!

 

糖質制限は一時的に痩せるだけ

朗報です!糖質制限をすると確かに大幅に体重を落とすことができます!

しかし、悲報です!糖質制限をして体重が落ちるのは、体と筋肉の水分が抜けているだけなのです!

体は80%が水分でできているので、その水分を抜いてしまえば確かに体重は大幅に減らすことはできます。ただ、それはまた水を飲みまくればすぐに元の体重に戻ってしまいます。

これは、よく格闘家の方が試合前の体重測定で突破するために行われる、一気に体重を落とす方法で、一般人がその方法をしても体が持つ保証はどこにもありません。

特に体の栄養バランスを崩してしまいますし、何より水分が体内からなくなるのは、夏バテや熱中症の大きな原因となってしまうのです。

 

体調を良くする方法

体調管理の誤解や勘違いについて紹介したところで、何をすれば体調を上手く管理して夏バテを防止できるのかということをここで紹介していきます!

 

人間関係を持って孤独感を打ち消す

意外な例の一つになっているのですが、人間は孤独感を感じるとタバコを吸っている時よりも体に害をもたらすことがわかっています。

不安感やストレスを自分の中で溜め込んでしまい、結果的にうつ病にかかってしまったり、免疫力が低下したりと体に大きな害を与えてしまうことになります。

なので、質のいい友達や恋人などの人間関係を保つか、動物を飼うかなどして孤独感を感じないようにして下さい。

中には、孤独でいても孤独感を感じない人がいます。

そういう人は、孤独でいても問題ないと思いますが、そういう人たちは世界を変えるために生まれた超天才の文学者に多く見らせる傾向が多いみたいなので、基本的には孤独でいる事はオススメしません。

なので、孤独感を打ち消しながら夏バテを防げる体調を作るようにしてみてください!

 

食物繊維を摂取する

食物繊維を毎日10g以上摂取すると死亡率を10%も減らせることが、コホート研究によるメタ分析によって明らかになりました。

食物繊維のサプリメントもあるのですが、実際の食事から摂取した方が健康的ですし、余計な成分を摂取しなくて済むので食事から摂取することをオススメします!

なぜ食物繊維が健康にいいかというと、腸に溜まっている不要なものを綺麗さっぱり包み込んで外に排出する効果を持っているからなのです!

食物繊維が摂取できる食べ物

ブルーベリー:100g

ブルーベリーは目に良いと有名ですが、それだけでなく食物繊維が豊富なフルーツの1つになっています。ブルーベリーの皮の部分に豊富に食物繊維が含まれており、皮ごと食べることのできるブルーベリーからは効率よく食物繊維を摂取していくことができます。

葉物植物:50g

葉物植物はカロリーが低いにも関わらず、豊富な食物繊維はもちろんのこと、カルシウム、マグネシウム、鉄分、ビタミンA、E、C、Kも含まれているものなのです。

ココア:スプーン3杯程度

ココアにはこれまで紹介してきたものの中で一番食物繊維が含まれています。また、ココアにはテオブロミンという他のものには含まれていいない成分があります。このテオブロミンは脂肪を蓄積させにくくする効果もあるので、ダイエットにも効果的になっているのです!

 

運動をする

最近だと仕事の時間が増えてきており、ストレス社会になってきている中、運動不足の人も増えてきています。

運動不足になってしまうと、体全体の血流が沈滞してしまい、腰痛、肩こり、膝の痛みなどに悩まされてしまいます。また、そういう生活が続くと将来的にも生活習慣病の不安も残ります。

なので、運動は決して侮ってはいけません。散歩のようにストレスを解消しつつ、負荷の低い運動でもいいのでこれを定期的に行うようにしてください。

一番効果的なのは、筋トレで私自身も筋トレによって大きく支えられていますし、成長もすることができました。

 

電子機器断食

電子機器を使わないことでストレスの軽減、記憶力の向上、集中力の向上という効果があります。

1週間使っていなかったとしても、記憶力は向上し、共感能力も向上したことが学校の生徒を使った研究で分かっています。

これは、睡眠にも関わってきます。就寝の30分前まで電子機器を使っていると睡眠の質を大幅に下げてしまうのです。

睡眠の質が落ちてしまうと、何時間寝ていても疲れは取れにくく、ストレスを抱え込み易くなり、寝ることができなくなってしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

仕事では電子機器を使うことにはなると思うので、就寝の30分前は全ての電子機器から距離を置いて、電子機器断食を行ってください。

 

まとめ

冒頭でも述べましたが、お金で買えないのは時間と体調です。体調は自分の資本であり、悪くなってしまうと大きなデメリットと共にチャンスを逃してしまうことになってしまいます。

自分の人生をより良くするためには自分の体調をしっかりと管理できるるようになることが大前提になると思うので、今回紹介した体調管理方を試してみて、夏バテしない健康体を作ってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカに10歳の時に地元、福岡から移住。アメリカの有名なトレーナーの下に7年間通い続けて、トレーニングやストレッチなどの情報を学ぶ。 トレーナーから学んだ情報を基準に多くの方々に向けて、分かりやすく配信していく!