【必見】オススメするジムシューズランキングTOP5!選び方も紹介!




どうも、メタトロです!

筋トレが日本で人気になってきてから、ジムシューズの種類も増えてきました。

トレーニングを行うにあたって適切なジムシューズを選ぶことは、トレーニングの質を上げるために重要になってきます。

ジムシューズは、普通の靴の同じようにデザインだけで決めるのではなく、その機能性や運動用とによって種類が変わってきてしまいます。

そこで今回は、ジムシューズの正しい選び方やオススメするジムシューズをランキング形式で紹介していきます!

 

ジムシューズはなぜ必要なのか?

ここでは、ジムシューズが必要な理由を2つ紹介します!

 

マナー違反

ジムに通っている方ならご存じたと思いますが、ジムでスニーカーやサンダルなどを吐いてトレーニングを行うのはマナー違反になってしまいます。

しっかりと運動ができる靴を履かない限りジムでトレーニングを行うことはできません。なので、そもそもジムシューズを履いていない限りトレーニングをジムで行うことができなくなってしまいます。



怪我防止

ジム以外の場所で筋トレやランニング運動を行ってトレーニングを行うとしても、スニーカーなどの靴で行っていると動きが鈍くなって両足に大きな負担をかけてしまいます。

そうすると、筋などを痛めたりして思わぬ怪我をしてしまってトレーニングに集中数ることができなくなります。

さらに、トレーニング自体のパフォーマンスも下がってしまい、筋トレや有酸素運動の効果を最大限に発揮するのが難しくなってしまうのです。

 

ジムシューズを選ぶときのポイント

自分の足にフィットするジムシューズを選ぶのはもちろんでが、最もジムシューズを選ぶ時に肝心なのが、そのシューズは自分が主に行おうとしている運動種目に合っているのかということです。

自分の種目に合わせて選ぶことでその種目でのパフォーマンスアップ、怪我の防止、最大限に効果を引き立てるということが可能になります。ここでは、トレーニングの種目に応じたジムシューズの特徴を紹介していきます!

 

有酸素運動をメインに行うなら

ウォーキング、ランニング、サイクリングなどの有酸素運動を中心的に行うのなら、ランニングシューズがおすすめです。

ランニングシューズは、膝などの下半身にかかる負担を軽量化するためにクッション性を高めています。また、着地やスタート時の蹴りだしを援護する前後の縦の動きに対応したつくりになっているためパフォーマンスアップにもつながります。



俊敏な動きを必要とする運動をメインに行うなら

俊敏な動きを沢山用いる運動やスポーツなどを中心的に行っていくとしたら、エアロビクス系に特化したシューズをお勧めします。

エアロビクスは、激しい運動を行って心肺機能を活発化させて消費カロリーを増やす方法です、そのため、エアロビクス系に特化しているシューズは、横の動きなどに対応しているシューズになります。

さらに、ハイカットになっているため足首の捻挫などを防いでくれる要素も持ち合わせています。また、靴底も厚くなっているためジャンプして着地した時などの衝撃を吸収しやすいモデルにもなっています!

バスケットボールの選手が履いているシューズを見てもらえばもっとイメージが付きやすいと思います。

 

筋トレをメインに行うなら

筋トレを中心的に行う際は、できるだけグリップの効いた安定性のあるものと、フロアに力が入りやすいように靴底がフラットになっているトレーニングシューズがオススメです。

昔通っていたトレーナーのところでは、スクワットからベンチプレスまですべて裸足でやらされました。なぜなら、裸足は最高にグリップがきいており、さらにフロアに力が伝えやすくなっているからです。

しかし、ジムなどで裸足でトレーニングを行うのはマナー違反であり、裸足だとウェイトを落としたときに重傷を負ってしまうため、より素肌に近いトレーニングシューズを選ぶことをオススメします!



総合的に行うなら

ここまで紹介してきた種目をバランスよく行うという方には、万能タイプのシューズをオススメします。

万能シューズは、これまで紹介してきたシューズの特徴をバランスよくとらえている怪我をしにくいシューズになっています。

そのため、有酸素運動と無酸素運動の2種類の種目を総合的にバランスよく行う!という方にはオススメな商品です。また、まだトレーニングをやったことが無く、どんなことをやればいいのか決まっていない方にもバランスの整ったシューズで始めていくことをオススメします。

それか、有酸素運動と無酸素運動のどちらが重要性が高いのかというのを判断して、需要性の高い方のシューズを購入するという手もあります!

 

オススメするジムシューズランキング

私は、小学校低学年から大学生まで本気で野球をやってました。そのため、今回紹介したあらゆるジムシューズを履いてきました。

そんな中、有酸素運動から無酸素運動まで私がオススメするジムシューズのTOP5を紹介していきます!

 

第5位:アディダス PureBOOST DPR

PureBoostは、プラットフォームが広めに作られており、クッション性が高い膝や腰の負担を軽減させるランニングシューズです。

縦長いフォルムは、ランニングのような前後の運動に適したシューズになっています。

価格 9,072円

楽天で購入



第4位:公式】リーボック Reebok R クロスフィット ナノ 8.0 M 


このシューズには、8種類の異なる繊維が組み込まれており、耐久性・柔軟性・通気性に優れたシューズになっています。

TPUのミッドソールとヒールが安定性に加えてクッション性をもたらします。グリップ力の高いアウトソールやRope Proもあるため、ランニングだけでなくウェイトトレーニングにも実用的な万能シューズです!

それに加えてデザインがものすごくかっこいい!デザインも自分のトレーニングモティベーションにもつながるので、オススメです!

価格 10,584円

楽天で購入

 

第3位:プーマ ディファイ ミッド バーシティ

このシューズは、ハイカットで作られています。そのため、激しい運動を行っても足首を損傷する確率が少なくなります。

また、クッション性にも優れているため高いジャンプをする運動やトレーニングでも足を打撲することなくトレーニングに集中することができます!

つまりこのシューズは、俊敏性の高いスポーツ、運動、トレーニングの際に大きく活躍するシューズです。

価格 12,960円

楽天で購入



第2位:ナイキ AH7453 メトコン

このシューズは、かかとの部分が硬く、前の方が柔らかいというクッションのデザインになっています。そのため、HIITトレーニングのような激しいトレーニングに対応しています。

また、このシューズの最大の強みは耐久性です。耐久力の弱い部分に刺繍入りの素材を使っているため、重さを最小限に抑えて耐久性を高めたシューズになっています!

価格 11,180円

楽天で購入

 

このシューズの側面には、ボタンみたいなものがついています。このボタンの正体は、「パンプ」といわれるもので、このパンプを押し続けることで余分のスペースの空気が抜けてシューズが完全に足にフィットします。

また、シューズ自体も軽い素材でできており、グリップの効いた安定性をかね揃えています。クッション性もいいですが、ランニングシューズほどではないので有酸素運動と無酸素運動どっちに向いているかというと無酸素運動の方ですが、どちらでも万能に使えるシューズです。

そして私が一番惚れたのが、このかっこいいフォルムとデザイン性です!

価格 13,932円

楽天で購入



まとめ

今回は、ジムシューズの重要性や正しい選び方、そして私がオススメするジムシューズランキングTOP5を紹介してきました!

自分に合ったジムシューズを履いてトレーニングに打ち込むことで、自分のモティベーションとパフォーマンスが上がり筋肥大、ダイエット、スポーツパフォーマンスアップといった自分がトレーニングを行う目標に近づきやすくなります。

ぜひ自分の好みなシューズを購入してトレーニングに打ち込んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です