ファスティングは、何も口にしてはいけないわけではない!

どうも、メタトロです!

最近では、日本でも馴染みが出てきたファスティングというダイエット法があります。ミランダカーやビヨンセなど大物ハリウッドスター達が取り込んでいるダイエット法は、世の中の痩せたいと思っている人たちに希望を与えました。

僕もその中の一人で、ファスティングを1か月間続けました。目の前でおいしそうなものを食べらえると少し辛い気持ちは芽生えかけましたが、慣れてくると全然つらくなくなってきて、その効果はものすごかったです。

しかし、ファスティングに急に取り組んでしまったり、ファスティングってそもそもどういった食事法なのかをわからずに体調を崩したりして失敗してしまう人も数多くいます。

そこで、今回はファスティングとその効果について、正しいファスティングのやり方とその後の食事法、そして自分が自ら体験したファスティングの効果を紹介していきます。

 

ファスティングとは?

ファスティングは、日本語に略すと断食という意味になりますが、まったく何も食べないというわけではないんです!

口にするのは、酵素だけで、必要最低限の栄養を体に取り入れて内臓を無理なく休めて内臓をリセットする健康法です。摂取カロリーを減らすため、脂肪が燃焼されやすく体脂肪を下げることができます。

さらに、体質改善にも取り入れられており、糖尿病や精神疾患などの治療にも応用されています。

 

ファスティングの効果

ファスティングは、男女や年齢関係なく誰でも行える健康法です。正しく内臓をリセットすることで、プラスな効果を得ることができます。ここでは、その効果を紹介していきます!

 

健康体になって、寿命を長くする

僕たちの細胞の中には、たんぱく質という栄養素があります。周りの環境の変化にも動じずに体の機能や状態を一定に保つためにさまざまな働きをしています。

しかし、細胞の中には全く利用されていないたんぱく質も存在します。そういったたんぱく質は、ストレスなどを受けて不良化されて行ってしまいます。

その不良化されていったたんぱく質が、体内に蓄積されて行くと様々な機能の損害につながってしまいます。例えば、アルツハイマーやパーキンソン病のような精神疾患を引き起こしてしまいます。

そこで、ファスティングを長期間行うことで使われない細胞を掃除する、オートファジーというシステムが機能して体を健康足しにして先ほど紹介した病気を防いだり、治療したりすることができます。つまり、ファスティングを行ってオートファジーが機能することによって長寿命につながるのです!

 

ダイエット効果

一般的に普通の食事をしていたら、血液中にあるブドウ糖を燃焼させてエネルギーを生産しています。

ブドウ糖とは、白米やパンといった炭水化物などの糖質が分解されたものです。炭水化物を取らなくなると血流のブドウ糖が不足されて肝臓に埋め込まれているグリコーゲンを分解してブドウ糖として血液に流されます。

しかし、グリコーゲンはたったの3~4時間しか持たないためすぐになくなってしまいます。そこで、今度は筋肉の中に含まれているたんぱく質を分解させてブドウ糖にします。

それでも足りない場合に、エネルギー源として利用されるのが脂肪なのです。脂肪の脂肪酸からは、ブドウ糖を再三できないため、「ケトン体」をエネルギーとして利用されます。

筋肉を分解してブドウ糖を作るのにも限界がありますが、さらにケトン体をエネルギーとして利用することができるため人は数日間何も食べなくても生きてられるのです。つまり、人はブドウ糖とケトン体の二種類の回路を持っています。

そんな中、ブドウ糖ばかりをと寄りにしてしまうとどんどん太っていってしまいます。そこで、定期的にファスティングを挟むことによってケトン体の回路を体に使わせて太りにくい体質を作り上げることができるのです!

 

疲れにくい体になる

よくお腹がすいていると集中力が欠けたり、体が疲れで動かなくなると思っている方がいます。

そのため、小腹をすかせないために3時のおやつ感覚で甘いものを食べて仕事の能率を上げている方はたくさんいます。

しかし、お腹がすくから疲れやすい体になって能率が下がるというのは明確な誤解です。実際は、糖質を取りすぎることによって血糖値が急激に変動して、インスリンの分泌によって眠気を誘うセロトニンが増加していきます。

この状態が続くことにより、疲れやすい体や集中力がなくなると感じるようになるのです。また、血糖値のアップダウンが激しいと体に大きな負担をかけてしまいます。

ファスティングを行うことにより、糖質も完全にカットされるので眠気に誘われることもなくなり疲れにくい体になります。

 

ファスティングを始める前に、、、

いきなりファスティングを始めると体がまだ慣れておらず、体調を崩してしまう可能性があります。

そのため、ファスティングを始める日を決めて、その2日前から少しだけ普段の食事より少ない量を食べて体を慣れさせておきましょう。

空腹感に強くなってファスティング中の間食をなくすマインドを高めることができます。

 

ファスティング方法

ファスティングは、初めの方は1週間くらいの期間で行うことをお勧めします。2~3日ファスティングを行ったところで内臓をリセットすることは難しいです。

しかも、ファスティング中に起こるオートファジーもこんな短期間の間ではあまり効果を発揮させることができません。なので、最低でも1週間は続けるようにしてください。最初の2日間は、空腹の状態が続いてすごくしんどいですがその山を越えれば空腹感が亡くなって、あっという間に1週間がたってしまいます。

ファスティングを行う中水は、いつでも飲んでも大丈夫です。水分不足にならないように定期的に水は飲むようにしましょう。

次に一日一回、酵素ジュースという物を体に取り入れることで、さらに健康体にする効率を上げさせてくれます。酵素は、内臓に負担をかけずに体に吸収されやすい飲み物なのでファスティング中に飲んでも何も問題はありません。

 

おすすめ酵素ジュースの作り方

毎回僕がファスティングを行うときは、毎朝酵素ジュースを飲みます。それは、手作り野菜と果物ジュースです。僕がおすすめするジュースは、ホールフードを使って皮や種を捨てずにそのままミキサーにかけてドロドロになるまでブレンドします。

皮や種には、食物繊維だけでなくビタミンやミネラルが豊富に含まれています。そして、ブレンドすることによってそのまま果物や野菜を食べるよりも血流の酸化を防ぐ抗酸化作用が高いため、栄養素をもっと効果的に体内に摂取させることができます。

レシピは、ホールフードならお好みで実践できますが、

僕がおすすめするレシピは、この記事の一番下に書いてありますのでチェックしてみてください!

https://metatoroinfomation.com/homesitabaradiet/

ミキサーは、超強力なアメリカ製の「NINJA」というミキサーがおすすめです。

 

ファスティング後の回復飯

無事長い自分との戦いが終わったら、やっとご飯を食べれるようになります。しかし、ここでドカ食いしてしまうと、内臓と体に大きな負担をかけてしまい、体調を崩してしまいます。

おかゆなどの体に優しい食べ物から徐々に普段の食事に戻していってください。また、一気に大量の食べ物を食べてしまうと、リバウンドをしてしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

1か月間続けた感想

僕は、ファスティングを1週間から始めてみて期間を開けてから一か月のスパンで行ってみました。野球をやっていたので、シーズン中ではなく何も練習も試合もないシーズンオフの間にファスティングを取り込んでみました。

始めの2~3日が地獄で、ものすごく空腹に襲われます。大体いつも、ファスティングを始める日か次の日にに母が「ドーナツ狩ってきたよ~、食べないの?」と食欲を誘ってきます(笑)。1回目は本当につらくて食べそうになりましたが、2回目は精神力が増していたので何も動ずることはありませんでした。

1週間と1か月の辛さの差はあまり感じられませんでした。確かに長い間食べ物を食べれないのはつらかったのですが、山を越えれば何も食欲がわかなくなるのであっという間に時間が過ぎていきます。

ファスティングを行うことによって、長い間動いた体の筋肉と疲れ切った内臓をリセットさせることができました。そして、リフレッシュされた体でトレーニングを行うことができ、その時は体が軽く感じました。その結果、体もいつもより効率的に引き締めることに成功してパフォーマンスアップにつながりました。

今でも、筋肉トレーニングを休む期間を作ってファスティングを定期的に挟んで行っています。

 

まとめ

ファスティングの効果からやり方まで紹介してきました。始めたばかりはつらいと思いますが、終えた時の達成感と得られるメリットは莫大です。

最近体の調子が悪かったり、集中できていなかったり、太ってきて体がなまってきてしまったりする方は、ぜひ無理のない範囲でファスティングを行ってみてください。悩みの改善や予防になる最高の食事トレーニングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です