チートデイって実際どうなの?チートデイについて紹介!




どうも、メタトロです!

ダイエットを行う中で、チートデイという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

チートデイは、減量期やダイエットに効果的とよく言われていますが、実はとても危険な行為なんです。

少しでも間違えたやり方をしてしまうと今まで頑張って減らしてきた体重が一気に増えて、あっという間にリバウンドをしてしまいます。

今回は、チートデイとはいったい何なのか、チートデイをやっていい人とダメな人の特徴と正しいチートデイの取り入れ方を紹介していきます。

 

チートデイとは?

ダイエットや減量期でのチートデイとは、日付を決めてその日だけは好きなものを好きなだけ食べれるという日です。

この目的は、普段食事を制限している体に栄養を与えたり、食欲のストレスを一時的に解消させるために行います。

確かに、この方法を有効に使えばダイエットのモティベーションも上がりますし、ダイエットを行う中での補助法にはなりますが、相当な強いメンタルが必要になります。

少しでもやり方を間違えたりすると、自分の食欲が抑えきれなくなってすぐにリバウンドしたり、やってもあまり効果がないといったリスクがあります。

 

チートデイはどんな人に効果的?

チートデイについて理解したところで、どんな人が行うのが効果的なのか、どんな人は行うべきでないのかということを紹介していきます!

 

チートデイを実践してもいい人

チートデイを行うべき人は、正しい減量食生活を送っていて、これ以上減量しににくくなってしまう停滞期を迎えてしまった方々は、チートデイを取り込むことをお勧めします。

ただ、強い覚悟をもって行ってください。食欲に狩られたらすぐに太った体型に戻ってしまいます。



チートデイを行うと失敗する人

ここからは、チートデイを取り組むべきではない方々の特徴を紹介していきます。もし一つでも自分に照らし合わさる特徴があった場合は、チートデイを導入するのは、逆効果の可能性があるためやめたほうがいいと思います。



断食など極端に食事をしていない

食事制限を行う中で、よく体重を落とすために極端に食事をとらなかったり、炭水化物を一切取らなかったりといった栄養が偏った食事をしている方は多いと思います。

しかし、そういった方々は、チートデイをやるのはやめたほうがいいです。栄養が偏ってしまうと、気力が出なくなったり、体がだるくなったりしてしまいます。

そういった中、急に過剰なカロリーを摂取すると、体を壊してしまう可能性があります。なので、まずは体にバランスの良いお食事をすることをお勧めします。そうすれば、チートデイを行わずとも、痩せやすい体になっていくはずです。

 

食欲を抑えきれない

食欲を抑えきれないと、チートデイを行うのはめちゃくちゃ危険な行動になってしまいます

。普段の食事より少ない量や食べ物を選んで食事制限をしているなかで、チートデイではそのルールを全部取っ払って、一日だけ好きな食べ物をたくさん摂取します。

そこで、食欲が抑えきれないと、翌日をまた同じようにチートデイにするまたは、いつもより多い食事をしてしまうといったことがあります。これでは意味がありませんし、その連鎖でリバウンドをしてしまいます。

 

体脂肪が高い

チートデイでは、「レプチン」と言う体内ホルモンを分泌させる効果があります。レプチンは、体脂肪成分から出ており、代謝をあげて消費エネルギーを多くします。

そこで、ダイエット中にレプチンが少なくなっているところにチートデイを挟んで、一時的に消費エネルギーを増加させるという目的があります。

しかし、体脂肪がもともと高い状態でチートデイを行っても効果が薄くなってしまい、あまり意味のない状態になってしまうので、体脂肪を下げてから行うのがおすすめです。



正しいチートデイのやり方

チートデイは、注意して導入しないとかえって太ってしまい、ダイエットが失敗してしまいます。ここでは正しいチートデイの取り入れ方を紹介していきます!

 

チートデイの頻度

チートデイは、先ほども説明しましたが、一日にたくさん食べるという日です。2日、3日連続でチートデイを行ってたら効果も出ませんし、リバウンドをしてしまいます。

そのためチートデイは、1か月~2か月に1回にする必要があります。そして他の日は、食事制限された越さないように食事を繰り返していってください。食事の量を少しでも増やしてしまうと、食欲に負けて振出しに戻ってしまいます。

 

どのくらいのカロリーを摂取しなければいけないのか?

チートデイとは言っても、ちゃんと摂取するカロリーを理解しなければいけません。食べすぎたり、全然足りなかったらチートデイの効果が薄れてきてしまいます。

チートデイに摂取できるカロリーは、普段摂取しているカロリーの2倍が一番いいです。少し多いと感じる方も多いと思いますが、チートデイを行うにはこのくらいの栄養をたっぷり体に取り入れる必要があります。



どんな食べ物を食べればいいのか?

チートデイの日は、朝の6:00から夜の9:00の間で食事をするようにしてください。

体にレプチンを分泌させるために、高糖質で高たんぱく質の豊富な食べ物を食べるのが一番です。夜遅くに食べたり栄養の少ないジャンクフードばかり食べるような体に不健康な食べ物や食べ方は避けるように気を付けてください。

  • 魚のフライ
  • リブ
  • ポテトサラダ
  • 玄米
  • 食パン
  • ピザ

このような食べ物がたんぱくと糖質が質豊に含まれているため、おすすめです!

 

まとめ

チートデイについて、チートデイを行うべき人とそうでない人、そして正しいチートデイのやり方について紹介しまいした!

チートデイは、正しく行えばものすごくいいダイエット補助だと思いますが、強い覚悟を持って行わないとすぐに食欲に負けてリバウンドをしてしまいます。

また、普通に正しい食生活でダイエットを行うと自然に痩せることができます。つまり、僕は、初心者の方にはあまりチートデイを行うのはおススメできません。

得られるリターンよりもリスクが圧倒的に大きいからです。なので、もしチートデイを食生活 → ダイエット?に導入する場合は、しっかりと自分の体とメンタルを理解したうえで行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です