朝からダイエット!毎朝5分でできる朝ヨガの効果や効果的なやり方を紹介!




どうも、メタトロです!

ダイエットを成功させるためには様々な方法があります。

その中で、時間が無い状態で「ダイエットを行いたい!」「体や筋肉を柔らかくしたい!」という方にオススメな方法が、「朝ヨガ」です。

毎朝たったの5分間ヨガを行うことで代謝をアップさせたりして、脂肪を効果的に燃焼させていくことができます。

今回は、そんな朝ヨガのメリットや効果的な方法などの紹介をしていきます!



朝ヨガと夜ヨガの違い

前回、寝る前にストレッチをするとよく眠れる!睡眠の質を効果的に上げるストレッチも紹介!での記事で、寝る前にヨガを行うことで、自律神経の体をリラックスさせてくれる副交感神経が活発になって睡眠の効果を引き上げることができるということを紹介しました!

一方で、朝ヨガというのは、その名の通り朝起きた時に行うヨガのことです。自律神経のもう一つの体を活発化させてくれる交感神経を刺激させることができます。

そうすることで、朝が弱い方でもスッキリと目を覚ますことができて、職場や学校での脳が活発化されて成績やパフォーマンスの向上にもつながります。

また、朝から交感神経を活発化させておくことによって、その入れ替わりで副交感神経が夜に活発化されやすくなっているため一日の流れを整理することも可能になってきます!

つまり、朝ヨガを行うことで目覚めをよくして脳を活性化させることができて、夜ヨガを行うことで体をリラックスさせて一日中の疲労やストレスなどを回復、解消させるという効果の違いがあります。

 

朝ヨガのメリット・効果

朝ヨガを行ってられるメリットは、目覚めを良くするほかにもたくさんあるので紹介していきます!

 

誰でもできる

ヨガは、トレーニングや運動と違って運動を普段行わない方でも十分できるようになっています。

また、朝ヨガは動的ストレッチといって体を動かしながら行う方法です。なので、体が硬い方でも無理やり自分の体が伸びていることで何十秒も静止することが無いため実践することができます。

確かに体が硬い方は、初めの方に苦労するかも知れませんが、全然できない動きではないので続けていくことでだんだんと柔軟性がついてきて難易度を下げていくことができます!

 

凝り固まった筋肉をほぐせる

ハードな筋トレやトレーニングを繰り返して、ストレッチを行はない状態が長続きしてしまうとトリガーポイントという筋肉が収縮してしまって痛みを生んでしまうという症状を引き起こしてしまう可能性があります。

体にトリガーポイントができると日常生活にも大きな支障を生んでしまうことになります。そこで、朝ヨガを行うことで血液の流れを循環させてくれて、収縮された筋肉の部位に血液を流し込むことができます。

そうすることで、収縮されていた筋肉が徐々に分散されて行って、凝り固まった筋肉をほぐすことが可能になります!

 

基礎代謝の向上

運動やトレーニングをしばらくやっていない運動不足状態が続くと、代謝の低下に繋がってしまいます。代謝が低下してしまうと一日の消費カロリーが少なくなっていき、太りやすい体型になってしまいます。

特に朝は、結構の流れが悪い状態です。そんな中、朝ヨガを行うことで血行を促進させて代謝を向上させることができます!

代謝が向上していくと、脂肪が燃焼されやすくなっていくので、太りにくい体型を手に入れることができます。そのため、ダイエットや減量中の方は取り組むべき方法となっています!

 

冷え性の改善

最近、冬の時期がやってきて余計に朝の部屋の気温が下がっていることがほとんどの状態になっています。

そんな時に結構の流れがよくなかったりすると末端冷え性といって、手足まで血液が届かずに冷えてしまいます。

これは夏の場合でも、体温が低いことで起こりあえることなんです。体温が低いと代謝が低下してしまいます。そうなると、脂肪燃焼効率が下がってきてしまうのです。

そこで、朝ヨガを行うことで暖かい血液を体の端まで行き届かせて冷え性を解消することができます!

体が温かくなるだけでなく、脂肪燃焼効率も上げることができるのです!



朝ヨガの効果を上げるコツ

朝ヨガで得られる効果を理解したところで、その効果をさらに引き出すための朝ヨガのコツについて紹介していきます!

 

朝目覚めたらコップ一杯の水を飲む

睡眠時では、脱水状態になっていることがほとんどです。その状態で体を動かすヨガを行うと、ヨガの効果を引き出すことが困難になってしまいます。

そのため、まず起きたら水を飲んで体を潤わすことが重要になってきます。

また、朝に水を飲むことで胃腸に刺激を与えることができるので便秘に悩まされている方でも解消することができます!

 

正しい呼吸を行う

ヨガを行うことで最も重要になってくるのが呼吸法です。呼吸には、腹式呼吸や胸式呼吸という様々な種類があります。

朝ヨガで行うのが、お腹に空気を入れて吐くという腹式呼吸法です。腹式呼吸を行うことでセロトニンという心に安らぎとやる気をもたらしてくれる効果があります。

そのため、朝ヨガの効果を上げることができるのです!

ゆったりとした深い呼吸をしながら、朝ヨガを行うことで血行の促進にもつながりますし、自律神経を整えることも可能になってきます。

ヨガの動作が辛くなってきてしまうと、息を止めてしまうことが多いです。しかし、それだと朝ヨガの効果が半減してしまうため、ゆったりとした呼吸を保ち続けることを意識して行うことが重要になってきます!

 

無理をしない

ヨガを行う中で、無理をせずに「気持ちいい」と感じるところを保つことが重要になってきます!

特に体が硬い方で朝ヨガによって、体を短期間の間で柔らかくしようとしている方は、無理をしまって筋を痛めてしまう可能性があります。

筋を痛めてしまうと、ストレッチさせることができなくなるので余計体が、硬くなっていってしまいます。

ちょうどいいところで止めておくことで朝ヨガの効果を引き出すことに繋がり、徐々に体にも柔軟性が生まれてきます!

 

効果的な朝ヨガ方法

朝ヨガによって得られる効果やその効果を引き出すためのコツを紹介したところで、様々な朝ヨガのやり方について紹介していきます!

 

ツイストポーズ

ツイストポーズは、寝ながらできるヨガのポーズです。寝ながらできるため、なかなか起き上がることができない時に、このポーズからスタートすることができます!

  1. うつ伏せになる
  2. 両膝を浅く立てる
  3. 上体を床につけたまま、右足を左足にかける
  4. 息をゆっくり吐きながら、左足側に腰をツイストする
  5. このポーズでゆったりと5呼吸する
  6. 反対も同様に行う



キャット&カウ

キャット&カウは、四つ這いになった状態から行います。そうすることで、脊柱起立筋という腰回りについている背筋をストレッチすることができるので、腰痛の防止にもつながります!

  1. 腕を肩幅に、足は腰幅に開き、手が肩の真下に来るように四つ這いになる
  2. 背中は、真っすぐに曲げないようにリラックスした状態を作る
  3. 空気を吸いながら、お腹を床に引き下げて背中を反って、視線は天井に向ける
  4. 空気を吐きながら、背中を丸めておへそを覗き込む
  5. これを10回繰り返す

 

アップドッグ

アップドッグは、腹直筋という腹筋の筋肉を伸ばすポーズです。腹筋をストレッチさせることで、姿勢が改善されたり、腹筋が割れやすくなっていきます!

  1. うつ伏せになり、足を肩幅に開いて足の甲を床につけて、後ろに伸ばす
  2. 肩の下に手をついて、息を吸って上体を持ち上げる
  3. 足の甲から、腰の位置まで床から浮かせて、両手と両足の甲だけで体を支える
  4. 肩甲骨を下げて、肩をすくめないように胸を上に向けて開いた状態でゆったりと5呼吸する

 

ダウンドッグ

ダウンドッグは、アップドックとは逆で腰を浮かせて、背筋と下半身を効果的に伸ばしていくポーズです。

  1. 四つ這いになる
  2. 両手を肩より少し前に出して、両足のつま先を立てる
  3. 吸う息で背筋を伸ばして、吐く息で膝と腕を伸ばしながら、腰を高く持ち上げる
  4. 腰をできるだけ高くに上げたら、ゆったりと5呼吸する

もしも下半身が両足が真っすぐにならない場合は、曲がったままでもいいのでできるだけ腰を高く上げてください。



三角のポーズ

三角のポーズでは、太ももの筋肉を伸ばしていきます。そうすることで、太ももを引き締めることができます!また、骨盤を安定化させるためO脚の改善にもなります!

  1. 両足をかかとが一直線上になるように大きめに広げる
  2. 右足のつま先は、自分が向いている方にまっすぐに向ける
  3. 左足のつま先は、左側に向ける
  4. 背筋を伸ばした状態で、両腕を肩の高さで左右に伸ばす
  5. 下半身は動かさずに、上半身を左側に倒していく
  6. 左手を足について、右手は天井に向かって伸ばす
  7. このポーズをゆったりと5呼吸するまでキープする
  8. 反対も同様に行う

上体を倒すときには、背筋をまっすぐに保って、横から見て前傾姿勢にならないようにまっすぐになるように意識してみてください!

それを矯正する場合は壁を使うのが有効的です!

 

朝ヨガにオススメアイテム

これまで紹介してきた朝ヨガで、腰痛や関節を痛めることを防いでくれるオススメヨガマットを紹介します!

今回紹介したヨガを硬い床で行うのは、関節に負担を与えてしまい、痛みを引き起こす可能性があります。

そこで、ヨガマットの上で行うことで関節や筋肉へのショックを吸収してくれるため、痛みを覚えることなくヨガに取り組むことができます!

また、ヨガマットを使ってヨガを行うと、自分のモティベーションアップにもつながって一番重要な続けることを忘れずに行うことにもつながります!

キレイムズ(Kireism)で購入!

 

ヨガ体験レッスン

もし毎日、朝ヨガを行っていく中でヨガに興味がわいてきた場合、ヨガの体験レッスンに行くことをオススメします。

ヨガにはもちろん、今回紹介したポーズの他にもたくさんのポーズがあって、それぞれ筋肉を鍛えたり、伸ばしたりと効果は様々になっています。

そんなヨガをみっちり60もやるヨガレッスンが、今なら体験料金500円で受けることができます!是非ヨガに興味がわいたり、さらに体を本格的に引き締めたい!という方は受けてみてください!

クリックで申し込む!

 

まとめ

今回は、脳を活性化させたり、体を引き締める効果のある朝ヨガについて紹介しました!朝ヨガは、毎朝起きて、たったの5分でできる体操になっているので、時間が無い方でも取り組める方法になっています!

仕事や家事などで疲れ切った体を朝からヨガで筋肉を伸ばしつつ、代謝を上げていくことで怪我のない引き締まった体型を手に入れることができます!

継続することが一番重要なので、しっかりと毎朝続けるようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です