アルコールと筋トレの関係性とは?正しいお酒との付き合い方!




どうも、メタトロです!

筋トレを行っている方でお酒を飲むことが大好きな方も大勢いらっしゃると思います。

「お酒が筋トレやストレスの疲れを癒してくれる」と飲んでいる方もいらっしゃると思いますが、注意しないでお酒を飲んでしまうと筋肉に悪影響を及ぼすことになってしまいます。

今回は、アルコールと筋トレの関係性について紹介していきます。




アルコール摂取によって生まれる悪影響

結論から言うと、アルコールは筋トレとは最悪の関係です。

アルコールを摂取することで筋トレでたくさんのデメリットが生まれます。

ここでは、具体的にアルコールがどんな悪影響を及ぼすのかを紹介していきます。

 

テステストロンの分泌が減る

テステストロンとは、筋トレ中に大量に分泌されるホルモンです。

脂肪を燃焼させて、筋肉を成長させる効果があるテステストロンは筋肥大を目的として筋トレを行っている方にとっては必要不可欠なホルモンになっています。

しかし、ビールなどのアルコールの入っている飲料を飲むことによってテステストロンを押さえる「ナリンゲニン」という成分が入っているので、効果的に筋肉を成長させることができなくなってしまいます。

 

コルチゾールが分泌される

アルコールを摂取するとテステストロンの代わりにストレスホルモンといわれるコルチゾールが分泌されます。

このホルモンは、ストレス、肉体的疲労、空腹状態時といった際に生命維持として分泌されるホルモンです。

コルチゾールが大量に分泌されることで、筋肉を分解したり、脂肪の合成を促進させたりと筋トレを行っていおるからしたら最悪の事態になってしまいます。

 

過剰なカロリーを摂取してしまう

お酒を飲むと太ってしまうと聞いたことがありませんか?確かにお酒は他の飲料と比べるとカロリーが高い飲み物になっていますが、急に太らせるほどのカロリーは含まれていません。

しかし、先ほどお伝えしましたが、アルコールを摂取すると脂肪の合成が促進されて太ってきてしまいます。

また、お酒を飲んでしまうと高カロリーなおつまみが欲しくなってしまうため、知らぬ間にどんどん摂取カロリーを高めて太ってしまうのです。

特に「シメのラーメン硬麺で!」は最悪です。糖質と糖質だらけの食べ物なので、脂肪として蓄積されてしまいます。

特に硬麺を頼んでしまうと消化がなかなかされずに気も機能に大きな負担をかけてしまうことになります。



お酒と正しく付き合う方法

これまで紹介してきた通り、筋トレにおいてアルコールを摂取するという行為は様々な悪影響を生んでしまうため、最悪です。

ボディビルダーや一流アスリートでもお酒を飲んでいることは確かです。実は、お酒の摂取量や飲み方を注意するだけで、そこまで筋肉に悪影響を及ぼしません。

ここでは、筋肉を維持するためのお酒を正しく摂取する方法を紹介します。

 

アルコールを摂取を制限する

ある研究によると体重(1㎏)×0.5gまでのお酒の量なら筋肉にさほど悪影響を及ぼさないことが分かりました。

摂取できる量

体重:40kg→摂取量:20g(中ジョッキ1杯)

体重:50㎏→摂取量:25g(中ジョッキ1.25杯)

体重:60㎏→摂取量:30g(中ジョッキ1.5杯)

体重:70㎏→摂取量:35g(中ジョッキ2杯)

このように限界地を知って、摂取量を抑えることで、その分のカロリーは摂取してしまうことにはなりますが、筋肉への影響を抑えることができます。




糖分・糖質を取りすぎない

お酒と一緒に食べるおつまみにも注意しなければいけません。

先ほど紹介したシメのラーメンやフライドポテトなどの脂っこい食べ物には、糖分と脂質がかなり含まれているので避けなければいけません。

その代わりにたんぱく質を多く含んでいて、脂質と糖分が少ない鶏むね肉やささみなどを食べることをオススメします。

また、飲むお酒もビールや日本酒といった糖質が多く含まれている飲み物ではなく、ハイボールや焼酎といった糖質をそこまで含まないお酒を飲むことをオススメします。

 

筋トレの日は一切飲まない

筋トレは、筋線維を傷つけて、その筋線維を超回復させて筋肉は成長していくのですが、筋トレ後にアルコールを摂取すると超回復をせき止めてしまいます。

なので、筋トレ後にアルコールの入っている飲み物を飲んでしまうのは、せっかく筋トレをしたのに成果がそこまで出ない状態を作ってしまうのです。

なので、筋トレをする日はお酒を飲むという事はやめておくのが得策です。

 

BCAAをお酒を飲む前に摂取しておく

どうしても筋トレ後にお酒を飲まなければいけないという日は、BCAAというサプリメントを摂取することをオススメします。

BCAAとは筋肉の分解をせき止めて、筋線維を回復させる効果があるので、アルコールによる筋肉分解を多少でも抑えることができます。

ただ、やはり飲みすぎてしまうと筋肉にはデメリットでしかないので、注意しながらお酒を飲むようにしてください。

楽天で購入!

 

まとめ

今回は、アルコールと筋トレの関係性について紹介しました。

僕がアメリカのトレーナーの下で筋トレのレッスンを行っていたときに、筋肉が中々つかない体の細い友達がまずは体重を増やすためにお酒を飲め!とトレーナーの方が言われていました。

確かにお酒を飲むと脂肪がつくので体重は増えます。しかし、筋肉も同時に落ちゃっているので、増量目的でお酒をがぶ飲みするのはオススメできません。

なので、しっかりと食事管理を気を付けて、お酒はほどほどにしておくことが一番ベストだなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です